はじめて講師を頼まれたら読む本 (単行本(ソフトカバー))

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 年間300回、年間1億円ものオファーに応える人気講師ならではの、豊富なノウハウ、
 斬新なアイデアがつまった1冊です。
 ◎「60分話す」のではなく、「5分ネタを12本話す」と考え、5分ネタを磨きあげる
 ◎成功体験は、「誰にでもできるスキル」に落とし込んで話せば、自慢話にならない
 ◎最初の3分は勝負ドコロ。「ツカミ」のネタは、必ず台本にしてブラッシュアップする
 ◎余韻が残る講演は、シメの話がうまいもの。3分くらいのシメトークを必ず用意する
 ◎講演にメリハリをつけたいときは、「クイズ形式」にして、聞き手に質問する
 ◎「どこを見て話していいかわからない」時は一生懸命聞いている「うなずきくん」を探す
 など、「講師」ではない、編集者の私も「なるほど!」と
 至極ナットクできる話し方のコツも満載です。


読んだ時期:
 2009年10月24日。


レビューとか感想とか:
 いや〜、実は今度講演を頼まれちゃいましてね(^^ヾ

 ・・・(^^ヾ

 ・・・(^^;ヾ

 いや、まぁ嘘ですけどね。
 何となく興味を惹かれただけです。
 内容の方は、人前で話す時に押さえておいた方が良いポイント、
 心構えをはじめとして、結構大きな枠組みで語られています。
 講師になる場合だけでは無く、プレゼンや営業、
 その他幅広く通用する考え方が書かれた一冊だと思います。
 講演や授業と言った、不特定多数の人に話す機会がある方は
 読んでおいて損はないと思います。
 特にそんな機会が無い方でも、将来偉くなるつもりでいる方は
 やっぱり読んでおいて損はないと思います。
 偉くなると大勢の前で話す機会が増えますから。

 偉くなると言えば、私の友人が偉くなりました。
 早速「よっしゃ!お祝いしてあげるから奢ってよ!」と言った所
 あっさり却下されました。ちっ、気付いたか。
 まぁせっかくの機会なので一緒にご飯を食べてきたのですが
 久しぶりに会ったわりに全然変わってませんでした。
 昔々「キミはよっぽどの大物かただの変人だと思う」と言った私としては
 ちょっと懐かしく、そんでもって自分の事のように嬉しかったです。
 おめでとさん。

 あぁ。蛇足ですが私の近況を話した所
 「キミは相変わらず道の端っこを歩いているね」と言われました。
 私的にはど真ん中を歩いているつもりなんですけど。。


お気に入り度:
 ★★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 18:51 | ☁ | ビジネス書