XXゼロ 呪催眠カーズ (宝島社文庫) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 ある晩、わたしは出会ってしまった。和バサミを持つ、いまわしき呪い女に…。
 逆恨みされ、かけられた謎の呪術“カーズ”により、
 わたしは密閉空間でしか呼吸できなくなってしまう。
 暴走する自動車内で迫る命のタイムリミット!
 しよりと愛子が巻き込まれた阿鹿里“あしかり”村事件から半年前の神戸で、
 殺人鬼誕生の秘密が明らかになる。
 『そのケータイはXX(エクスクロス)で』へ続くシリーズ外伝が登場。


読んだ時期:

 2009年11月12日。


レビューとか感想とか:
 『そのケータイはXXで』『地獄のババ抜き』である種大活躍の西園寺レイカ。
 その人の過去が綴られます。スピンオフ作品。
 個人的には上記二作品を読んでからの方が楽しめると思います。
 『そのケータイはXXで』の半年前、まだそれなりに普通だったレイカさんが
 愛する恋人を助ける為に呪い女を追っかけたり警察から逃げたりする話です。
 レイカさん達がかけられた
 「車なんかの密閉した所にいないと呼吸が出来なくなりまっせ」の呪いと
 恋人が掛けられた「車のスピードを落としたら胸が苦しくなりまっせ」の呪いを解く為に
 物凄い大事になりながら呪いをかけた奴を追っかけます。
 それなりに普通とは言っても、もちろんそこはレイカ様。
 相変わらずハサミを振り回し、ざくざく切りまくってます。
 ・・・やっぱ普通じゃないかも。
 相変わらず説明的な描写が多いですが、それさえ苦痛に感じなければ楽しめると思います。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。



スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:02 | ☔ | 小説