「気持ちのよい人」といわれる人の共通点 (単行本)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 そばにいるだけで心が安らぎ元気が出る人とはどんな人だろうか。
 のびやかに生きる人、日々発見の人、ぶうぶういわない人…。
 精神科医である著者が、そんな「気持ちのよい人」の共通点を語る。
 新講社の「共通点」シリーズ。


読んだ時期:
 2009年11月30日。


レビューとか感想とか:
 タイトルはあまり気にしない方が良いと思います。
 徒然なるままに取りとめもない事が書かれていますよ。
 文章自体は読みやすく、結構良い事が書かれていると思うのですが
 「どんな内容?」と訊かれると上手く説明出来ません。
 そんな本です。

 ・・・えっ?適当過ぎますか?
 お気づきの方もいらっしゃるかとは思いますが
 やる事が溜まってくるとブログが手抜きになっていきます。
 特に今日は月末なんで、あれやこれやと必要な事をやりつつ
 忘年会の予定をたてたりジャンプを読んだりしているのです。
 12月は師走。先生も廊下を突っ走る位ドタバタする時期らしいですが
 インフルエンザに気をつけつつ華麗に乗り越えたいと思います。

 ちなみに、無駄にブログの内容が長い時は、暇・・・と言うよりも
 煮詰まって現実逃避してると思って下さい。
 見えない聞こえなーい。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 20:35 | ☔ | ビジネス書