伊賀忍法帖 (角川文庫) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 もつかせぬ奇想天外な風太郎忍法帖
 松永弾正の毒牙にかかった伊賀忍者、笛吹城太郎の妻・篝火。
 最愛の妻を殺され、天性の淫女と首をすげかえられた城太郎の復讐が始まる。


読んだ時期:

 2009年12月6日〜2009年12月7日。


レビューとか感想とか:
 忍者ハットリ君と似たような話です。
 嘘です、全然違います。
 大雑把に言うと、奥さんを拉致られてあんな事やこんな事をされてしまった主人公が
 復讐する話です。前半部分はちょっとエッチかも。
 途中からは対決メインになっていきますが楽しく読めました。
 ここだけの話ですが主人公が大した事無いのです。
 ぶっちゃけあんま活躍していないんじゃないかと。
 ハラハラドキドキ、たまにエッチでたまにグロ。
 たまに忍術でたまに恋愛、そんな一冊でした。

 さてさて、最近自分の身体の衰えを感じています。
 コタツで寝ると起きた時身体が痛いの(つд`)
 一瞬「まぁコタツで寝たから仕方ないか」と思ったのですが
 冷静に考えると昔はそんな事ありませんでした。
 コタツで寝ようと事務所の床で寝ようと会議室のテーブルの上で寝ようと
 きっちり熟睡できて目覚めスッキリだった気がします。
 あぁ、衰えたもんだ。
 ちなみに会議室のテーブルの上は意外とオススメ出来ません。
 ちょっと世界を征服した気にはなれますが、エアコン効きすぎで風邪引きます。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 03:49 | 🌁 | 小説