新装版 ビッグボーナス (宝島社文庫 C は 1-6) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 パチスロメーカー「ダッシュ電子」で企画開発をしていた東俊哉。
 今は「トリプルセブン」というパチスロ攻略情報販売会社の超やり手営業マンとして、
 軽妙な爆裂トークを駆使し、ガセネタの攻略法を売りつけ、大金をふんだくっていた。
 そんな毎日を送っていた東に、一本の電話が掛かってくる。
 相手はいつものパチスロ中毒者と思いきや……。
 突然訪れた人生最大のピンチを、東はどう乗り切るのか!?
 パチスロ・ノワールという新ジャンルを切り開いた異色の犯罪小説。


読んだ時期:
 2009年12月20日。


レビューとか感想とか:
 パチスロの攻略会社を舞台としたミステリー。
 パチスロやらない人はあまり面白く無いかもしれません。
 やる人は基本的な知識や状況が分かる上に自分の身に置き換えて読めるかと思います。
 パチスロをやらない人に比べれば楽しめるのではないでしょうか。
 基本的には読みやすく、途中までは非常に面白く読めました。
 最後の方は個人的には「なんだかなー」って感じです。
 物事を悲惨にすれば良いってもんでもないでしょーに。
 全体を通して考えると結構面白かったと思うのですが
 後半部分に抵抗を感じるので個人的にはあまり好みではない一冊になりました。

 さて、今とても眠くて仕方がありません。
 ご飯食べると眠くなるんですよ、これでもかって位。
 誰かご飯食べても眠くならない方法知ってる方がいたら教えて下さい。
 もしくは寝てる間にやる事が全部終わっている方法。
 どちらかと言うと、後者の情報を求めております。


お気に入り度:
 ★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 19:15 | ☀ | 小説