セーラ号の謎―漂流者 (角川文庫) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 ダイビング中、妻とその不倫相手に見殺しにされた推理作家・風間春樹は、
 無人の八丈小島で意識をとりもどす。
 脱出しようと泳いで八丈島に向かうが、漂流してしまい、
 偶然にもセーラ号というヨットに辿り着く。そこには恐るべき秘密が…。
 航海日誌、口述テープ、手紙、新聞記事などに仕組まれた騙しとたくらみに満ちたプロット。
 荒れる大海原に浮かぶヨットで一体何が起こったのか。
 憎悪と殺意が錯綜する中、最後に生き残るのは誰か。騙しのマジックを駆使した叙述ミステリー。


読んだ時期:
 2010年1月3日。


レビューとか感想とか:
 面白かったですよ。
 500ページオーバーでちょっと気後れしましたが一気に読めました。
 ちょっと石持浅海さんに似た雰囲気を感じた小説で、
 漂流ミステリーと言った感じでしょうか。そんなのがあるのか知らないけど。
 内容は、諸事情により漂流したおっさんがヨットに流れ着いたのですが
 実はそのヨット内でも諸々の事情があって〜、
 そのおっさんも実は復讐したいんだ〜な人で〜、
 よっしゃ!復讐すんぞ!と関係者各位を集めてまた漂流して〜
 んで色々ドタバタさくさくえいやっ、ぽいっちょってな感じです。
 正しく叙述ミステリーと言うのがピッタリな一冊で
 漂流と言うのも、関係者が逃げられないと言う以外にも
 役割があるようです。あるように感じました。
 叙述ミステリーの宿命として、ネタバレ時に若干混乱しますが、まぁそれはそれ。
 ミステリー好きな方は読んでみても良いと思います。

 さて、世間一般での年始休みが終わりますね。
 今年は短いですよね、年末年始の休み。
 私もそろそろ気合を入れなおそうかな〜と考えています。
 取りあえず今期前半の目標は、前期の良かった所を残しつつ
 悪かった所を改善する事。
 自分なりに満足している所も反省している所もあるので
 半年掛けてそれを吸収しつつ、展開がどう変わるか見てみたいと思います。
 今年も頑張って生き延びます!


お気に入り度:
 ★★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 15:30 | ☀ | 小説