恋愛ゲーム殺人通信 (光文社文庫) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 零細編集プロダクションに勤める宝生敦子、26歳。
 社長の罵声を溶びながら原稿取りに奔走している。
 晩夏のある日、原稿の進まない翻訳家加賀淳平宅を訪れた折り、
 敦子はOL時代の親友高瀬知美の自殺を知らされる。
 通夜の席上、機械嫌いだったはずの知美がパソコン通信をしていた形跡を発見した敦子は…。
 情報時代に潜む罠をユーモラスに描く傑作長編。


読んだ時期:

 2010年1月31日。


レビューとか感想とか:
 「パソコン通信」って所が時代を感じさせます。内容はミステリー。
 金田一少年の事件簿「電脳山荘殺人事件」にちょびっとだけ近い雰囲気でした。
 登場人物もあまり多くないですし素直な書かれ方をしているので
 謎解きやトリックを期待して読むと物足りないと思います。
 取り立てて不快に感じる部分はありませんでしたが
 特に印象にも残りませんでした。
 個人的には可も無く不可も無くといった感想です。

 さて、今我が家は絶賛リニューアル中です。
 まぁ一言で言えば大掃除なんですけどね。
 やっとこさ、3部屋の内2部屋が片付きました。中々スッキリ♪
 ・・・なのは良いのですが、大量の紙ゴミが出たのですよ。
 しかも当時の重要書類だとか機密書類だとか。
 まぁ要はお仕事で使って、終わったらいらなくなったんだけど廃棄が面倒で
 押入れの奥に突っ込んで見なかった事にしてた奴らです。
 家にはシュレッダーなど無いしどー処分したものか。。
 と、そこで閃いたのです!
 洗濯機にかければ粉々になるんじゃね?
 たまにティッシュと一緒に洗濯すると涙目になるし。
 思い立ったが吉日、早速実験。

 結果・・・洗濯機故障_| ̄|○
 排水されなくなりました(つд`)
 最初排水溝のつまりかとも思ったのですが、
 そもそも排水ホースから水が出てこない。
 排水モーターはちゃんと動いている。
 と言う事は・・排水弁のつまりだなっ(−−)☆
 専門分野で無くてもそこまで分かる私、
 中々の分析力じゃないですか。
 早速洗濯機の中の水を全部出してその後横にして蓋を開けて・・・ギブアップ_| ̄|○
 取りあえずそれっぽい所を見るも異常なし。
 何となくあちこち動かしたり押したり叩いたり拭いたりして
 再度チャレンジ!
 結果・・・排水されず_| ̄|○
 また水を手ですくえと言うのですかぁ(つд`)・°・。
 ここで心が折れました。新しいの買います。

 まぁそんな不慮の事故のせいで、大学入学時からお付き合いした洗濯機は
 14年の生涯の幕を閉じました。安らかに眠ってくれ。

 ちなみに、全面的に私のせいな気もしますが
 位置付け的には「寿命」です。そこの所、宜しくお願い致します。


お気に入り度:
 ★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 22:01 | 小説