今すぐ使えるかんたんmini Excel2007の基本技 (単行本(ソフトカバー))

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 「今すぐ使えるかんたん」シリーズのmini版です。
 Excelの基本技を手軽にマスターできる、初心者のための本です。


読んだ時期:
 2010年3月20日。


レビューとか感想とか:
 「え〜、普段いかにも『俺はプロフェッショナルだじぇいっ(−−)☆』って顔してて
  無駄に自信過剰で鼻持ちならないマコトさんでもこーゆー本買うんですかー?」
 と言われると困るので先に明言しておきますが、買いません、読みません。
 本屋さんで眺めてきただけです。
 いや、一体こーゆー本は何を書いてやがるのかと思いまして。
 そんでもって、眺めた感想を率直に言えば「中途半端」。
 確かに書いてある説明は丁寧で色とかも綺麗で分かり易いのですが
 どの程度使える人をターゲットにしているのか良く分かりませんでした。
 まったくExcel使った事無い人をターゲットにしているのであれば
 もっと基本的な事から教えなくてはいけないのでは?と感じましたし
 ある程度使える人を対象にしているのならそこを説明しても・・と思いました。
 例えばExcelの操作が100あるとすれば、その内2を丁寧に説明している印象です。
 その2が知りたい人には有用だろうけど残り98は・・・ねぇ。
 と言う訳で、どなた様にもオススメしません。

 プログラミング言語の習得と違って(ある意味プログラミング言語もそうですが)
 基本的にExcelとかWordは「習うより慣れろ」です。
 そして操作方法を全部覚える必要もありません。
 実際私も使った事無い機能や知らない機能が結構あります。
 一番手っ取り早いのはやりたい事をやってみる事です。
 やってみて出来ない時に、インターネットなりなんなりでそのやり方を調べる。
 んで、そのやり方が分かったら取りあえず満足する。
 その繰り返しで徐々に使えるようになっていくのです。
 何気にそっちの方が効率も良いですしね。
 Excelの操作が100あるとしても、せいぜい良く使うのは20から30です。
 一回で理解出来なくても良く使う操作は繰り返しハマりますからいずれ覚えますよ。
 逆に機能としてあっても、自分に必要無ければ覚える必要ありません。

 熱く語っちゃいましたが、私はそーゆー考え方なので
 この手の本は買わなくて良いと思います。
 インターネットで事足りますし、どーしても本が良いのであれば
 辞書的な本の方が良いのではないでしょうか。
 尚、あくまで経験則に基づく私の主観なので怒らないで下さいね。
 だからこの本は内容が悪い!と言うつもりは全く無いですし
 この本の価値を貶めるのが目的でも決して無いです。



お気に入り度:
 ★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 15:04 | 資格・専門書