1分間説得術 (単行本(ソフトカバー))

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 上司、部下、得意先、友人、家族、恋人……ワガママな人たちに悩まされていませんか?
 本書は、アナウンサー、心理カウンセラーとして活躍する著者が、
 芸能界のエピソードを交えつつ、心理学的視点で、
 困った話し相手をいかにその気にさせるかを開陳!
 対人関係をラクにするとっておきの方法論を伝授します。
 各項目の最初には、マンガが入ってるので、説得の状況も楽しみながら一目でわかります。
 内容例を挙げると、
 ◎怒る上司には、5秒間置いて怒りエネルギー指数を70に落とせ
 ◎戦略的敬語で、誠意を伝える
 ◎言外にイヤミを盛り込み、直球返しをする
 ◎殺し文句とは、言葉に非ず
 ◎攻撃的批判への5つの対処法
 ◎褒めるときは、相手に触れて褒める
 ◎自分主体のIメッセージで伝える等々
 ビジネスパーソンから主婦の人まで、イザというときに役立つ会話の戦略武装本です。


読んだ時期:
 2010年4月22日。


レビューとか感想とか:
 役に立つとか云々かんぬん以前に、面白かったです。
 基本的にはケーススタディもどき。
 最初にマンガで状況説明があって、それに対して文章で
 フリーアナウンサーの著者が体験談やなんだを交えて解説する形です。
 マンガ自体が結構くだらなくて面白いのに加えて
 著者の解説も話し言葉に近い形で書かれています。
 その為、ビジネス書と言う感覚では無く
 気分転換に読む本と言うイメージで読み進められました。
 タイトルから受ける印象程堅苦しい内容では無いので
 煮詰まった時にどーぞです。

 ところで、いつも通り唐突に話題が転換するわけですが
 結構前にどこぞのニュースサイトで見て余りのアホさ加減に
 我が目を疑った「非実在青少年」だか何だかに関する都条例。
 今年の3月頃から大分騒がれるようになったな〜とか思っていたのですが
 ついに紙媒体でもちらほらと見かけるようになりましたね。
 その中でも今週の週刊少年ジャンプの「いぬまるだしっ」は
 中々に面白かったです。
 色々な大人の事情を鑑みつつ言いたい事言った!みたいな感じでした。
 興味がある人は適当に読んでみて下さい。
 ん?「いぬまるだしっ」はどんなマンガですかって?
 所謂「非実在青少年」が急所丸出しなマンガです。ホントです。
 個人的にはたまこ先生の突っ込み具合が結構好きなんですよ。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:14 | ビジネス書