3分間社長塾―スピード判断力をつける (単行本)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 経営者、これから社長を目指す人に!
 つねに半歩先を示し続ける高井流「スピード経営」の実践講座―。
 スピード判断力をつけるために見識と行動指針
 そして勇気を与えてくれる得がたい経営指導書。


読んだ時期:
 2010年5月5日。


レビューとか感想とか:
 よし、ホントだな。
 ホントに3分単位で読めるんだな?信じたぞ。
 ってな感じで取り急ぎ読んでみた一冊。

 本の内容を一言で言えば著者の方の経営論でした。
 一つ一つのお話が数ページ程度にまとまっています。
 一話あたり大体3分位で読めるでしょ?ってな意図らしく
 それがタイトルの由来みたいです。
 著者の仕事観も見えて結構面白く読めました。
 ただ・・私はこの著者の方の会社ではあまり働きたくないカモです。
 早朝会議や残業の推奨、また「そんな仕事は休みの日にやれ」的な件があるのですが
 社員にも経営者的な考え方や動き方を求めているように感じました。
 私は個人的に、
 1.社員は社長程会社を大事に思ってはいない
 2.社員は社長程仕事に対するモチベーションは高くない
 3.社員は社長程経営者的な視点は持てない
 とか思っています。
 立場も付き合う人物も入ってくる情報も違う中で
 社長と同じ視点で動ける人は稀じゃないかと。
 逆に言えば、経営者的な考え方で動ける人は
 自分で始めちゃうと思うんですよね。
 何が言いたいのか自分で分からなくなってきましたがそんな感じです。
 長く働くのが偉いみたいな風潮はキライ。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 14:59 | ビジネス書