太一×ケンタロウ 男子ごはんの本 その2 (単行本)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 TOKIOの国分太一&料理家・ケンタロウによる料理番組の書籍化第2弾。
 読んで楽しい、作って美味しい、めくって幸せ。
 あなたを思わず「うんめ~!」と唸らせる四季のレシピを”完全収録”。
 掲載レシピ数100超!


読んだ時期:
 2010年05月30日。


レビューとか感想とか:
 何の気無しに手に取ったのですが、第二弾だったのですね。
 中身は基本的に料理のレシピでした。
 見開きで、左のページに料理の写真がどどんっ!と載っており
 右のページにはその材料や作り方が載っています。
 「男子ごはん」と言いつつ、結構凝った料理が多い気がしました。
 十分主婦の方にも通用する内容だと思います。
 所謂『一人暮らしの自炊』のレベルを上げてみたい男性の方、
 「今日の夕食何にしましょうかしらねぇ」と言う女性の方、
 ちょっと試しに作ってみては如何ですか?

 さて、料理と言えば私も社会人になって結構料理をするようになりました。
 鮭焼いたり。
 モヤシ炒めたり。
 白菜を煮たり。
 良く考えたら私の料理は単品料理が殆どですね。
 ※ちなみにここで言う「単品料理」とは、アラカルト的な意味ではなく
  『素材が一つだけ』の単品料理ですのでお間違い無きよう。
 私の自炊歴も大分長くなってきたので、この本に刺激されて
 そろそろ素材を組み合わせる技も覚えようかと思っております。

 これでも大学時代は電気炊飯器でご飯炊いて
 お釜のままソース掛けて食べるのが精いっぱいだったので
 それなりに料理の腕は進歩しているんですよ?マジで。


お気に入り度:
 ★★★






お仕事用Webサイト:pcs
※携帯電話には対応しておりません。
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 13:11 | その他