ハサミ男 (講談社文庫) (文庫)

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。
 三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、
 自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。
 自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。
 「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作。


読んだ時期:
 2010年7月1日。


レビューとか感想とか:
 叙述トリックが売りのミステリーが読みたいなぁ、と思ったのですよ。
 「十角館の殺人」や「イニシエーション・ラブ」みたいな。
 そんなきっかけでネットで探したら出てきた一冊です。
 内容ですが、シリアルキラーな主人公がターゲットを決めて
 スキを窺っていたら模倣犯に先を越されちゃったなお話。
 所謂主人公パートによる真相の捜査と警察パートによる捜査が進み
 あっと驚く?結末に向かいます。
 どのようにあっと驚くかはネタバレになっちゃうので書きません。
 いえいえ、別にネタバレしないポリシーがある訳では無いですよ。
 単純にネタバレな感想部分を隠すのが面倒臭いだけです。
 ネタバレな解説してるサイト様はいっぱいあるし、
 ネタバレ系のお話はそちらにお任せします。
 正直、解説するの自体面倒臭い。
 と、ぶっちゃけた所で感想です。
 確かに叙述ミステリーだった!
 「十角館の殺人」よりは「イニシエーション・ラブ」よりでしょうか。
 巧みに誘導しつつ、ちょっと「あれ?」と引っかかる所も多く
 匂わせつつ隠そうとしてる、みたいな小説でした。
 正しく私が読みたかった系統の本ですね。
 お気に入り度が低いのは、単純に私の好みの問題です。
 最初に何か事件が起きて、刑事が事件を追いかけつつ推理していく
 火曜サスペンス的なお話があまり好きではないのです。
 何かパターン化されていて途中で眠くなっちゃうのですよ。
 その為、事件が起きている問題パート的な部分であまりのめり込めず
 それに比例して解決パートでの驚きが少なかったように思います。
 確かに「なるほど」なんですが「そーゆー事か!」ではなく
 「ふーん、それは気づかんかったなぁ」となりましたとさ。

 よし、私も叙述トリックを仕掛けよう。
 遊んでたと思ったら仕事が完璧な形で出来ちゃう叙述トリック。
 トリックっと言うより夢ですね。妖精さん、私が寝てる間に頑張ってちょんだい!


お気に入り度:
 ★★






■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 15:54 | ビジネス書