神様ゲーム (ミステリーランド) [単行本]

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 小学4年生の芳雄の住む神降市で、連続して残酷で意味ありげな猫殺害事件が発生。
 芳雄は同級生と結成した探偵団で犯人捜しをはじめることにした。
 そんな時、転校してきたばかりのクラスメイト鈴木君に、
 「ぼくは神様なんだ。猫殺しの犯人も知っているよ。」と明かされる。
 大嘘つき?それとも何かのゲーム?
 数日後、芳雄たちは探偵団の本部として使っていた古い屋敷で死体を発見する。
 猫殺し犯がついに殺人を?芳雄は「神様」に真実を教えてほしいと頼むのだが……。


読んだ時期:
 2010年7月28日。


レビューとか感想とか:
 子供向けの本なのになぜか「子供に読ませちゃダメじゃね?」って評価が多かった本です。
 そんなの見たら逆に気になっちゃいますよね?
 と言う訳で手に取ってみました。
 結論から言いましょう。子供に読ませちゃダメじゃね?
 残酷な描写が多いとか救いが無いとかそんなのはおいておいて
 子供にはオチが分かりにくいお話だと思いました。
 そんで子供から「ねぇねぇ、これって結局どーゆー事?」と訊かれた時に
 とってもとっても答えにくいと思うのです。
 コウノトリ云々以上に。
 そーゆー意味で大人向けの一冊だと思いました。

 さて、何で家電製品って奴は仲良く力尽きるのでしょうね。
 我が家の長老が・・・長老が・・・うぇ〜ん(T_T)
 と言う訳で今度はパソコンです。
 我が家で一番長生きなXPパソコン、最初の会社を辞める直前に購入したので
 何気に6年以上現役だった長老に昨晩ガタがきました。
 起動中にXPのロゴで止まっちゃうのです。
 突然の事で私は茫然。ふて寝しなくなっただけ大人になったなぁ。
 余談ですが、大学時代ハイベッドで寝ていたら突然崩れたので
 すぐさまコタツに潜ってふて寝した事があります。
 「これは夢だ、これは夢なんだ」って必死に自分に語りかけながら。
 成長した私は現実を見据えるようになったのでふて寝はしません。
 と言う訳で怒ったりなだめすかしたりしたのですが
 結果、ネットワークケーブルさえ接続しなければ普通に起動する事が判明。
 う〜む、ネットワークデバイスの読み込みでコケてる可能性大?とか
 ちょっと専門家ぶってみたりしたのですが
 なんか面倒になったので取りあえず放置してふて寝しました。
 これは夢だ、これは夢なんだ。と必死に自分に語りかけながら。
 
 P.S:
  夢ではありませんでした。


お気に入り度:
 ★★






■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:36 | 小説