アルバトロスは羽ばたかない [単行本]

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 児童養護施設・七海学園に勤めて三年目の保育士・北沢春菜は、
 多忙な仕事に追われながらも、学園の日常に起きる不可思議な事件の解明に励んでいる。
 そんな慌ただしい日々に、学園の少年少女が通う高校の文化祭の日に起きた、
 校舎屋上からの転落事件が影を落とす。警察の見解通り、これは単なる「不慮の事故」なのか?
 だが、この件に先立つ春から晩秋にかけて春菜が奔走した、
 学園の子どもたちに関わる四つの事件に、意外な真相に繋がる重要な手掛かりが隠されていた。
 鮎川哲也賞作家が描く、季節を彩る五つの謎。
 『七つの海を照らす星』に続く、清新な本格ミステリ。
 「こんなに簡単だったんだ」。


読んだ時期:
 2010年8月17日。


レビューとか感想とか:
 非常に悔しい事ながら潔く認めるしかありますまい。
 騙された!
 と言う訳で鮎川哲也賞作家らしい七河迦南さんの小説です。
 何の予備情報も持っていなかったのですが、
 ミステリーが読みたいなぁと思いながら本屋さんをふらふらしていた時に
 目が合ってしまいました。
 まぁこの本に目なんてついていないし、私の目も見つけるのは困難な訳ですが
 そこは気にしちゃいけません。
 なーーんか心を惹かれてしまったので、衝動買いしてみた訳です。
 結果的にはこの賭けが大当たり。
 私の本に対する嗅覚はまだ鈍っていないと証明されました。えっへん。
 内容の方は児童養護施設・七海学園を舞台にした?ミステリーです。
 始まりは冬。ある高校で転落事件が起きます。
 事故?そんな訳無いと思う。そう判断した主人公は独自の調査を始めます。
 その「冬の章」の合間に「春の章」「夏の章」「初秋の章」「晩秋の章」が挟まれており
 それらは一話完結型のミステリーになっています。
 ちなみに「○の章」の○、季節はそれぞれ事件のあった季節を示します。
 それぞれの章はそれぞれの章できちんとミステリーとして完結しているのですが
 実はそれがメインストーリー冬の章の伏線にもなっていたりいなかったりするのです。
 そして物語は怒涛のエンディングに向けて一気に加速するぅ!!
 ・・・ふぅ。ちょっとばっかし気合入れ過ぎました。
 まぁそんな感じできっちりミステリーしています。
 私は騙された!綺麗に騙された!
 バッターボックスに立ってバット構えたらラグビーボールが飛んできた位騙されました。
 ぐぅの音も出ない位完敗。
 と言う訳でミステリー好きにはオススメの一冊です。
 気になったら読んでみて下さいな。


お気に入り度:
 ★★★★★






■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:53 | 小説