損する時間 得する時間 [単行本]

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 あなたは人生の半分を無駄にしている!なぜいつも時間に追われてしまうのか。
 なぜ思っていることができないのか。自分のやりたいことを、著者はこうして実現した。


読んだ時期:
 2010年9月3日。


レビューとか感想とか:
 時間の有効な使い方の本です。・・と見せかけてちょっと違いました。
 確かに時間の使い方や仕事をする上での時間に対する考え方にも触れていますが
 どちらかと言うとエッセイに近い本だと思います。
 著者が自分の経験を例にこんな感じで仕事してた。でもこんな感じだった。
 だからこーする事にした。そしたらこーなった。みたいなお話が書かれています。
 基本的にはあまり好きなジャンルではないのですが、思いのほか楽しめました。
 自己分析してみるに、恐らく私が著者の方と考え方が近く
 書かれている内容に対して共感する事が出来たのだと思います。
 あー、分かる分かる。確かに確かに。みたいな感じです。
 私の物事の考え方って多数派ではないよなーと常々思っているので
 思わぬ所で味方を見つけたようでちょっと嬉しかったです。

 さて、台風がやってくる。もとい、友人が遊びにきます。
 もとい、友人が遊びに来るついでに立ち寄ってくれます。明後日。
 と言う訳でスッキリサッパリした気分で会う為にも
 キリの良い所までえいやっと進めなくては!と思っているのですが
 微妙にガス欠気味でエンジンが掛かりません。ぶるんぶるん。
 ぶるんぶるん、ぷすっ。
 あっ、完全に切れました。
 ただ今、週刊少年ジャンプで大活躍中の平丸一也先生の霊が降りてきたようです。


お気に入り度:
 ★★★






■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 14:00 | ビジネス書