チョコレート工場の秘密/ロアルド・ダール

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 ウィリー・ワンカはチョコレート工場経営者、いつも人目をさけている変わり者だ。
 その彼が、どういうわけか秘密の工場を見学させてくれることになった。
 この10年間で初めてのことだ。ただし、招待客はたったの5人だけ。
 ワンカ社特製チョコバーの包装紙の中に、金色の招待券を見つけた幸運な者だけが
 工場見学に参加できる。しかも、案内するのはワンカ自身だというのだ。

読んだ時期:
 2011年6月12日。

レビューとか感想とか:
 映画「チャーリーとチョコレート工場」の原作。
 内容は、チョコ買って金色の券を見つけたら不思議な工場見学ができるお話です。
 うっきうきしながら読み始めて童心にかえって楽しんでいたのですが・・うむ。
 これは良いのかね?
 拾ったお金でチョコを買うことや、それに大人が誰もツッコまないのにも
 疑問を覚えましたし、ワンカさんのキャラクターにも疑問を覚えました。
 ぶっちゃけこのじーさん、自慢しかしてないよね?
 後半になればなるほどワンカさんの強引さが目に付きますし、
 個人的には子供に読ませたいと思う一冊ではありませんでした。
 内容の面白さというよりは道徳的に微妙な気がしています。

 さて、一週間が始まりますね。
 今朝はジャンプ片手にお散歩すっか!と思っていたのですが
 雨が降っていたので二度寝しちゃいました。
 そしたら起きてびっくり。
 晴れてるじゃん?!(; д )゚゚
 えーい、気まぐれなお天気さんめ。
 じょじょに梅雨らしいお天気になってきたので
 お出かけの際は傘を忘れずに。
 天気予報見るより折りたたみ傘突っ込んでおいた方が安全だと思います。

お気に入り度:
 ★★




■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:04 | その他