ラプンツェルの翼〈2〉/土橋真二郎

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 「―ずっとそばにいればいいのよ」平穏な生活は唐突に終わりを告げる。
 奈々が目を覚ました時、見知らぬ場所で一人、全裸で鎖に繋がれていた。
 喧嘩しながらもいつも隣で見守っていた遼一から無理やり引き離され、
 自分と似たような境遇の四人の少女と対峙する奈々。
 彼女たちは奈々と同じく、プログラムに落第した面々だった。
 五人の少女が閉じ込められた部屋にあったのは、五つの剣と四つしかない出口。
 それは、生き残りをかけた密室ゲームの始まりでもあった。
 遼一を想う奈々と、奈々が残した言葉を噛みしめる遼一。
 そして彼は―。ノンストップゲームストーリー第二幕。

読んだ時期:
 2011年12月16日。

レビューとか感想とか:
 半分惰性で読んでいる土橋真二郎さんの作品です。
 この方の作品は矢野竜王さん的に面白い。
 本作は幼女育成殺戮ゲーム「ラプンツェルの翼」の第二弾となります。
 天使見習いが天使になるためにデスゲームに挑戦なストーリー。
 全体的にあっさりしている気もしますが、あまり引き伸ばすとボロが出る。
 もとい、冗長になってしまうのでこの位がちょうど良いのでしょう。
 地味に無茶をしつつ無難にまとめあげた印象です。
 如何にもライトノベルらしいライトノベルに仕上がっていました。
 2冊読んで「つまんねー」とは感じなかったので、
 シリーズ読み通すつもりです。
 さーて、頑張ってブックオフ巡るぞ〜。

 さて、今日は歯医者さんです。
 先週金曜日も行ってきたのですが、詰め物の形が合わなかったので
 型の取り直しでした。なてこったい<( ̄◇ ̄;)>
 正直、この時期まで引きずるなら来年に回したかったのですけどね。
 まぁ仕方がないかぁ(−公−;
 果たして今日こそ歯の治療は終わるのか。
 魔球は投げられるのか?!特訓の成果は?!
 そしてやっぱり年賀状は?!
 次回、ぴよぴよウォーズ第11話「知らない人には意味不明。」
 乞うご期待!ぴーよぴーよ。

お気に入り度:
 ★★★




■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:56 | 小説