ロートケプシェン、こっちにおいで/相沢沙呼

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 酉乃と心が通じ合ったはずのクリスマスのあの日、
 しかし彼女の連絡先を聞き忘れたまま冬休みに突入してしまった。
 あの出来事は夢だったのではないかと、悶々と過ごす僕に、
 織田さんからカラオケの誘いが。カラオケの後の食事の際に、
 急に泣きながら飛び出していってしまった織田さんにいったい何が?
 僕は酉乃に力を借りるべく『サンドリヨン』へと向かう……。
 バレンタインでの事件をはじめ、学園内外で巻き起こる謎をたおやかに解く、
 マジシャン・酉乃初の事件簿。

読んだ時期:
 2011年12月23日

レビューとか感想とか:
 首をながーくして待っていた「午前零時のサンドリヨン」の続編です。
 本作でも「美味しそうな名前のマジシャン代表」素直ツンデレな酉乃初(とりのはつ)と
 「ヘタレっぷりなら天下無双」やっぱりポチの由来が出てこなかった須川くんが
 ヤマアラシのジレンマをテーマにあっちへドタバタこっちへパタパタ。
 雰囲気や構成は前作と同じで日常の謎系のミステリーではありますが、
 個人的にこのシリーズはボーイ・ミーツ・ガールとして楽しんでいます。
 二人のへたれっぷりにニヤニヤしたりヤキモキしたり。
 ベタだけど個人的には結構好きなのです。
 太腿談義が激減したことを除けば、満足の一冊でした。
 ちなみに「ロートケプシェン」は「Rotkäppchen」、
 赤ずきんちゃんのことらしいです。

 さて、今日はクリスマスイブですね。
 皆さんもケーキを食べたり、七面鳥の丸焼きを食べたり、
 宅配ピザを頼んだりワインをがぶ飲みしたりするのでしょうか。
 ところで「クリスマス」と「クリスマスイブ」、
 どっちがより大事な日かお悩みの方もいるのでは?
 大好きなあの人と過ごすなら24日?25日?
 どっちが本命と過ごす日なんだろう?
 答えは「どーでも良い」です。
 元々クリスマスってのはキリストさんの誕生日。
 ほんでキリストさんの誕生日は12月25日。
 ただし教会暦上は日没を一日の境目としているので
 12/24日の夕方からクリスマスと同じ日に数えられるんだそーな。
 日本ではそれに便乗してイベントしているだけなので、
 特にどちらが大事とかはないみたいですよ。
 やっぱり当人同士が満足できることが大事なんじゃないですかね。
 せっかくのイベントなのですから、些細なことで腹を立てず
 素敵な思い出をおつくり下さい(^^)

 ただし周りの迷惑も考えず狭い歩道を横に広がってたらたら歩いてるバカップルは
 サンタと赤鼻のトナカイにローストチキンでタコ殴りにされやがれ。

お気に入り度:
 ★★★★




■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:47 | 小説