隻眼の少女/麻耶雄嵩

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 古式ゆかしき装束を身にまとい、美少女探偵・御陵みかげ降臨!
 因習深き寒村で発生した連続殺人。名探偵だった母の跡を継ぎ、
 みかげは事件の捜査に乗り出した―。

読んだ時期:
 2012年2月16日。

レビューとか感想とか:
 わーい、ツンデレだぁヾ(*´ェ`*)ノ
 と喜んだのも束の間、人がさっくさく死ぬわ、名探偵が名探偵じゃないわ、
 一体この作品はどこに向かっているんだろう?と
 首を傾げずにはいられなかった一冊です。
 読んでいる間中、着地点がどこか想像できませんでした。
 上がったり下がったり色んな意味で突き抜けています。
 毎度毎度言ってる気がするのですが、この作者の方、
 絶対性格悪いよね(−−?
 個人的にはどんでん返しが好きなので楽しめましたが、
 中々に人を選ぶ一冊だと思います。
 性格悪い展開が好きな人にはオススメですよ。

 さて、今日は朝っぱらから微笑ましいものを見ました。
 ちょっくら早めに起きたのでお散歩していたのですよ。
 そしたら目の前に3、4歳くらいの男の子がとてとてと走ってきましてね。
 「おー、走ってる走ってる(−−)」と眺めていたら
 豪快にこけやがったわけです。どてっ!って感じで。
 私が「おー、こけたこけた(−−;」と思った瞬間、
 いきなりむくりと立ち上がりましてね。
 「おー、痛くないのかな?(^^;」と思った途端、
 一呼吸置いて思い切り泣きだした訳です。
 あっはっは!そーだよね、痛いよね(≧▽≦)
 たったこれだけですが、なんか無性に微笑ましくなりましてね。
 その子は転んでもすぐ立ったんです。
 結局泣いちゃったけど、すぐ立ってそれから泣いた君を私は評価する。
 君はきっと将来大物になるぞ、少年♪

 大人も負けてられないと思いません?

お気に入り度:
 ★★★★




■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:10 | 小説