よいこの君主論/架神恭介、辰巳一世/ちくま文庫

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 マキャベリの名著『君主論』を武器にクラス制覇へと乗り出した小学五年生のひろしくん。
 だが、彼の前に権力への野望を持つ恐るべき子供たちが立ち塞がる。
 『君主論』はひろしくんを覇王へと導くことができるのか?
 小学生の権力闘争を舞台に楽しく学べる『君主論』。
 クラスを牛耳りたい良い子のみんなも、お子様に帝王学を学ばせたい保護者の方も、
 国家元首を目指す不敵なあなたも必読の一冊。

読んだ時期:
 2012年5月24日

レビューとか感想とか:


 シリアスな笑いがふんだんに散りばめられている・・と見せかけて、
 実は笑いの中にシリアスが見え隠れする一冊です。
 建前は「マキャベリの『君主論』を面白おかしく解説します」
 本音は「あなたのツッコミ力を磨きます」な本書。
 さぁ、思う存分ツッコむが良い。
 ちなみに次作はタイトルが「よいこの君主論、Ver.うっきー」で
 動物園の猿山のボス猿争いが描かれるそうです。
 もちろん嘘ですけどね。
 流石にこのまま終わるのは気が引けるので一応補足すると、
 小学生のクラス内派閥争いを題材に『君主論』を解説する
 物語形式の本です。
 一番磨かれるのはツッコミ力ですけどね。

 さて、ホテル暮らしが終了してお家に帰ってきました。
 さよーなら、非日常なエセセレブ世界。
 こんにちは、寂しくもホッとする日常な世界。
 そして・・久々にご対面する体重計さま、お手柔らかにお願いします。
 ・・・ごふっ(×_×)
 以前「貧乏人ほど太る」という逆説的な意見を見ました。
 程度にもよるでしょうが、ある程度は真理を突いていたのですね。
 まぁどちらかと言うと「貧乏性の人ほど太る」が正しいのでしょうけど。
 いやー、だってバイキングだったんだもん。
 いっぱい色んな種類食べたいじゃないですか。
 食べ放題もありましたしね。
 せっかくだからいっぱい食べたいじゃないですか。
 そーです。
 自分のしたことは自分に跳ね返ってくるのです。

 頑張ってツケを払います(つд`)・°・。

お気に入り度:
 ★★★


■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■マコトの書庫ブログ記事検索サイト
 Bookだなー

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※恐らく携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:33 | その他