借金取りの王子/垣根涼介

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 村上真介はリストラを請負う会社に勤めるサラリーマン。
 昨日はデパート、今日はサラ金、明日は生保に乗り込んで、
 泣かれたり、殴られたり。
 相性バッチリの恋人陽子は恐ろしく気の強い女で、
 すんなり結婚とはいかないし、真介の前には難題山積み。
 だけど明日は来る――。他人事でないリストラ話に思わず涙。
 働く人必読の面白小説!

読んだ時期:
 2012年9月22日

レビューとか感想とか:


 よく分からないタイトルに惹かれて思わず手に取ってしまいました。
 初めて読む作家さんです。
 ミナミの帝王とかのコメディ版かな(−−?と思って読んだら
 リストラ代行会社に勤める男が主人公の人生小説でした。
 連作短編形式で、リストラを促す主人公と
 告げられた人物のそれぞれの心情が表現されています。
 どことなくマンガの「人間交差点」に近い印象を受けました。
 基本的には学生さんよりも社会人の方が楽しめると思います。
 ただし今まさにごほごほ(−q−;)な人はシャレにならないと思うので
 読む方は自分の状況を振り返ってから手に取ることをオススメします。
 ついでに文章は引っ掛かりを感じないほど読みやすかったので、
 機会があったら他の作品も読んでみようと考えています。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 さて、私のお仕事のスタイルはまずうんうん唸って頭の中で作り上げて
 それを一気にぐへーっ(−O−)って吐き出して形にする、
 最後に間違いが無いかを確認するってなスタイルなのですが、
 ぐへーっ(−O−)って吐き出してるときは暇なのです。
 いや「暇」と言うと語弊がありますかね。
 その間は実質「作業」なので脳みそを殆ど使っていないのです。
 すっごい本気出してるときはこの「作業」をしながら
 次の分を頭の中で作っていたりもしますがそんなことは稀。
 基本的には肉体労働タイムです。
 このときに集中し過ぎるとお仕事自体に飽きてくるので
 youtubeなんかで動画を『聴きながら』作業しています。
 前置きが長くなりましたがこの動画。
 ブラウザ上で見ているので、ウィンドウを切り替えると
 後ろに回っちゃうのですよね。これを何とかしたい。
 小さくで良いので常に画面上に表示させて、見ながら作業したい。
 最初はデスクトップガジェットで実現しようと考えたのですが、
 だったらフリーソフト使ってブラウザを常に前面に固定した方が
 簡単そうだよなー。と思ったところで思いつきました。
 タスクバー(普通は画面の下にあるスタートボタンとかある帯)の中に
 ブラウザ埋めちゃえば、ちょー便利じゃね(−−?
 今は自動的に隠す設定にしているけど常に表示するようにすれば
 常に動画見ながらお仕事できるよ。邪魔にもならないよ。
 これは素晴らしい!私って天才♪ひゃっほー\(≧▽≦)/
 そんな自画自賛して今に至ります。

 ……ほんで、どーやったらそんなことできるの(−−?
 開いてるウィンドウプレビューできるってことは
 頑張ればいけそうな気がするんだけどなぁ。。

お気に入り度:
 ★★★


■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service
あります。
■マコトの書庫ブログ記事検索サイト
 Bookだなー

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※恐らく携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:34 | 小説