九つの、物語/橋本紡

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 大学生のゆきなの前に、長く会っていなかった兄がいきなり現れた。
 女性と料理と本を愛し、奔放に振舞う兄に惑わされつつ、
 ゆきなは日常として受け入れていく。
 いつまでもいつまでも幸せな日々が続くと思えたが…。
 ゆきなはやがて、兄が長く不在だった理由を思い出す。
 人生は痛みと喪失に満ちていた。生きるとは、なんと愚かで、なんと尊いのか。
 そのことを丁寧に描いた、やさしく強い物語。

読んだ時期:
 2012年10月12日

レビューとか感想とか:


 表紙に惹かれたので読んでみました。
 内容はおにーちゃんが妹のところにやってくるお話。
 この本を読む際にはいくつか注意点が御座います。

 1.お腹が空き過ぎているときは食べてから読む
 2.トマトスパゲッティの材料を用意してから読む
 3.ブラコン気味の方は悶絶しないように気を付けながら読む

 温かくて優しいお話でした。
 おにーちゃんいーよ、おにーちゃん。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 さて、実は数日前から鼻がじゅるじゅるしています。
 風邪なのか季節の変わり目だからなのか
 あるいはお部屋の掃除をしばらくしていないからなのか。
 原因は分からないですがこれは困る。
 鼻づまりベテランの方は分かるでしょうが、
 鼻がじゅるじゅるしていると集中できないのですよね。
 と言う訳で、片っ端から対策を取ってみることにしました。
 まずは部屋を暖めて〜、しょうが柚子茶を飲んで〜、
 アツアツのおでんを食べて〜、あれやこれやといろいろやって〜

 治った\(−−)/

 何が効いたか分からないけど治った\(−−;)/

お気に入り度:
 ★★★★


■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service
あります。
■マコトの書庫ブログ記事検索サイト
 Bookだなー

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※恐らく携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:42 | 小説