笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE/森博嗣

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 天才数学者の三ツ星館で起こる謎と殺人事件
 プラネタリウムに見とれている間に大きなブロンズのオリオン像が消え、
 明け方には部屋にいたはずの女性が死体で発見され……。
 犀川・西之園コンビの活躍、第3弾

レビューとか感想とか:
 久しぶりに読んだ森博嗣さんの作品です。
 消失トリックだったり密室トリックだったり
 アリバイトリックだったりしますが中身は意外とシンプルでした。
 普通に考えたらあれだよなーと思ったらやっぱりあれだった。
 ただ本作はちょっとミステリーとしては異質かと思います。
 どちらかと言えば文学的。
 村上春樹さんチックな雰囲気を感じたのは私だけでしょうか(−−?
 がっつりミステリーを期待すると微妙かもしれません。
 独特の世界観を楽しむ感じの作品です。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 さて、今日は歯医者で定期メンテ?です。
 11時半からだからのんびりできるなーと考えていたのですが、
 今さっきカレンダーを見たらそこには「10:00〜歯医者」の文字が。
 えっ!マジ?!Σ(´・д・`)

 いってきま〜す((((/;−−)/

お気に入り度:
 ★★★


■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■マコトの書庫ブログ記事検索サイト
 Bookだなー

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※恐らく携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:08 | 小説