瓶詰の地獄/夢野久作

本の内容(Amazon.co.jpより引用):
 海難事故により遭難し、南国の小島に流れ着いた可愛らしい二人の兄妹。
 彼らがどれほど恐ろしい地獄で生きねばならなかったのか。
 読者を幻魔境へと誘い込む、夢野ワールド7編。

レビューとか感想とか:
 たまにこういうドロっとした感じの作品が読みたくなります。
 内容は独特の世界観を持った短編集。
 著者は「ドグラ・マグラ」書いた人、と言えばピンとくるでしょうか。
 クセがあるけど癖になる系の本です。
 とんがってるだけに合う・合わないが露骨に分かれそうですが、
 短編ということもあり比較的お試しで読むのに向いていると思います。
 言葉にしては説明しづらい魅力のある一冊でした。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 さて、「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ」と言ったのは
 ワンピースのルフィ……では無くツギハギ漂流作家の吉備真備ですが、
 このブログに載せている「お気に入り度」も本自体の良し悪しではなく
 私の好き嫌いです。
 だから星が少ないのに「えー、これ面白いだろー!」って本や
 星が多いのに「えー、これつまらんだろー!」って本があっても
 広い心で許してやって下さいねm(__)m
 気に入るか気に入らないかはそのときどきの気分によっても
 変わっています。

 ちなみに今は再読しない方向で読み漁っていますが、
 5年後くらいには再読用のブログでも作ろうかなーと考えています。
 星つけておけば初めて読んだときと評価がどう変わっているか
 分かりやすいかなーってのがお気に入り度をつけたそもそもの理由です。
 まぁまだ日の目は見てない訳ですが。

 このままお蔵入りになる可能性もある訳ですが。
 ごほごほ。

お気に入り度:
 ★★★


■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■マコトの書庫ブログ記事検索サイト
 Bookだなー

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※恐らく携帯電話には対応しておりません。


スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:59 | 小説