改訂新版 28日で即戦力! サーバ技術者養成講座/笠野英松

◆本の内容(Amazon.co.jpより引用)
 現場で必要なサーバ技術を、導入から構築・設定・運用管理にいたるまで、
 実際に操作することで体系的に効率よく習得できるように構成。
 改訂新版では、システムの仮想化技術をもカバー。
 パワーアップしたオリジナルの設定診断プログラムや、
 本書で実際に学習した初学者の生の声「学習者の眼」コラムなどで
 学習を強力にサポート。

◆レビューとか感想とか
 やっと終わったー!ヽ(≧▽≦)ノ
 お仕事の暇な時期とかにちまちまやっていたので
 終わるまでに一年近くかかりました。
 ぎりぎり2012年中に終わって良かった(ノ∀`)

 内容はLinuxサーバ周り全般です。
 読む本ではなく(手を)動かす本。
 Linux端末とWindows端末をそれぞれ1台ずつ使用するので
 「PC一台しかないのーVirtual環境もないのー」って人は
 厳しいと思います。

 良かったところは

 1.基本的な部分がきっちり網羅されている
 2.頑張って調べれば独力で最後までいける

 良くなかったところは

 1.書いてあることが微妙に分かり難い
   と言うか書いてある通りにやっても上手くいくとは限らない
 2.後回しにしたい単元があっても後回しにしづらい

 良かったところは分かると思いますので
 良くなかったところを補足しますね。

 「1.」は例えばsambaクライアントのコマンドを打ってねのところで
 「smbclient '\\i6290nj\inter' -I i6290nj.example.com」のように
 さらっと書いてあるのですが、これはあくまで同一ユーザの場合です。
 接続先に自ユーザが登録されていない場合はユーザを登録してやるか
 「smbclient '\\i6290nj\inter' -I i6290nj.example.com -U ユーザ名」のように
 接続ユーザを指定してあげる必要がありますよね?
 これが書いてないので分からない人は環境次第でハマります。
 そんな感じで書いてある通りにやれば必ずスムーズに進むわけでは無いので
 場合によっては自分で調べたり試行錯誤する必要が出てくると思います。
 そこら辺が苦手、受け身で知識を入れていきたい人には向かないでしょう。
 自分であれやこれやと試せる人なら大丈夫だと思います。

 「2.」はオリジナルの設定診断プログラムが原因です。
 こいつが本に書いてあることをやったかチェックしてくれるのですが、
 やっていないのが出てきた時点でチェックを止めます。
 例えば10章が面倒くさいから後回しにして11章をやろうと思っても
 診断プログラムが10章でNG出して終わるのですね。
 よって単元を飛ばした時点で診断プログラムが機能しなくなります。
 「せっかくついてるのに勿体ないよー」と諦めがつかない方は
 頑張って診断プログラムを騙して下さい。
 こいつは各種ログを元にOK/NGを判断しているようです。
 なもんで私はどうしてもクリアできない単元があったときは
 ログファイルに手動で無理やり正常終了のログを書いてOK出させました。

 オススメか否かで言えば中々に悩ましいです、ハイ。
 書いてあることは決して分かりやすくはないです。
 私は途中何度もキレそうになりました。
 ですが諦めずに最後までやり通すことができれば
 Linuxサーバ関連の基本的なスキルはほぼ網羅できると思いますし
 少なくとも自信には繋がるはずです。
 私も「知識の底上げはできたかな( ̄ー ̄)」と自画自賛中ですよ。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 さて、今日で2012年が終わりますね。
 皆さんのおかげで今年も何とか生き延びることができました。
 本当にありがとうございますm(__)m
 感謝感謝でございます。ぺこぺこ。

 確か2012年は「プロ意識2012」をキャッチフレーズに掲げ
 アグレッシブな一年にすることを宣言しました。
 振り返ってみると、アグレッシブだったかは微妙ですが
 例年以上にプロ意識を持って取り組んだと思います。
 売上的にも昨年よりごほごほ(−q−)だったし。
 基本的には大成功な一年\(−−)/
 ……なのですが「強いプロ意識も良し悪しだな」と感じたのも事実です。
 良くも悪くも考え方がシビアになっちゃうのですよね。
 意識を高く保とうとすると。
 ここら辺のバランス感覚が来年の課題かなーと考えています。

 何の根拠もない直感ですが2013年は激動の年になりそうです。
 いやホント、何の根拠もない直感ですけどね。
 今のスタイルにもだいぶ慣れた(飽きた)ので
 そろそろ大きく動きたくなっているみたいです。
 この気分が一時的なものか継続するかは自分でも分かりませんが
 来年も自分らしく頑張るのでどうぞ宜しくお願い致します。

 あっ、そーいや来年のキャッチフレーズ考えなくっちゃ(−−;
 2013年のキャッチフレーズは明日までに考えます(−−)ノ

◆お気に入り度
 ★★

◆この本を読んだ人はこんな本も読んでいます
 ・ネットワーク超入門講座 セキュリティ編 /久米原栄
 ・独習 TCP/IP IPネットワーキング編/宇野俊夫

■お仕事用Webサイト
 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

■マコトの書庫ブログ記事検索サイト
 Bookだなー

■ランダムでファジーなランキング?サイト
 らんだむふぁじーらんきんぐ?らふら

※恐らく携帯電話には対応しておりません。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:17 | 資格・専門書