迷宮Labyrinth/倉阪鬼一郎

◆本の内容(Amazon.co.jpより引用)
うち捨てられた病院で起きた荒唐無稽な不可能犯罪──収容されていた院長の娘が密室で刺殺され、凶器の短剣も“三重の密室”から、持ち出されていた。彼女が遺した奇怪な小説『迷宮Labyrinth』は何を語る?不吉な紅姫の伝説とは?混沌のなか惨劇はエスカレートし、悪魔的終局が現出する。これぞ鬼才の精華!

◆レビューとか感想とか
 「いつ面白くなるのかな〜」と期待しながら読み進めたら
 面白くなる前に終わっちゃいました。
 結果的にはAmazonさんのあらすじ紹介部分が一番面白かったカモ。
 ミステリーだと思って読むとガッカリすると思います。
 正直、読んでいて退屈だったわけではないのですが
 読み終わったあとの「時間を無駄にした感」が半端なかったです。
 おどろおどろしい雰囲気は中々のものですので
 ホラー好きな方は楽しめるかもしれません。
 私はミステリーを期待して手に取ったので失敗でした。
 この方の作品はもう読まないと思います。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 さて、初雪だー!\(≧▽≦)/
 関東地方では初雪が降りました。
 学生時代は雪なんて見慣れちゃってまして
 「ホワイトクリスマス?ふっ」と鼻で笑うレベルだったのですが、
 いやー、久しぶりに見るとテンション上がりますね。
 雨だと家から出る気無くなるのですが雪は別です。
 用事もないのに外出する気満々♪
 うひょ〜\(≧▽≦)/

 ちなみに雪道を歩き慣れていない人は
 つるっといかないように気を付けて下さいね。
 雪道を歩くコツはいろいろあるようですが、
 一番簡単なのは歩幅を小さくすることだと思います。
 要は重心がうんたらかんたらなのですが
 足元を意識し過ぎて目の前が疎かになっても危険ですしね。

 ペンギンさんになった気持ちでどーぞ(−−)ノ

◆お気に入り度
 ★

◆この本を読んだ人はこんな本も読んでいます
 ・学校の事件/倉阪鬼一郎
 ・三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人/倉阪鬼一郎
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:25 | 個人的にいまいち