シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン/小路幸也

◆本の内容(Amazon.co.jpより引用)

東京、下町の老舗古本屋「東京バンドワゴン」。営む堀田家は今は珍しき8人の大家族。伝説ロッカー我南人60歳を筆頭にひと癖もふた癖もある堀田家の面々は、ご近所さんとともに、またまた、なぞの事件に巻き込まれる。赤ちゃん置き去り騒動、自分で売った本を1冊ずつ買い戻すおじさん、幽霊を見る小学生などなど…。さて、今回も「万事解決」となるか?ホームドラマ小説の決定版、第2弾。

◆レビューとか感想とか

 「核家族?なにそれ?美味しいの?」
 そんな声が聞こえてきそうな東京バンドワゴンシリーズ第二作目です。
 前作を読んだときは有川浩さんの『三匹のおっさん』っぽいと感じたのですが
 本作を読んで大沼紀子さんの『真夜中のパン屋さん』っぽいとも感じました。
 ひょこりトラブルさんが「やぁ、こんにちは」するのを
 絶妙の連係プレーで乗り越えていく様はまよパンっぽいですよ。
 古き良き昭和の雰囲気も残っていて、
 武闘派のサザエさん一家みたいな作品でした。
 何となく安心できる面白さなのでシリーズ全作追いかけてみようと思います。

 ……の前に登場人物の関係性を復習しておいた方が良いですかね?
 レギュラーメンバーだけで既に両手の指じゃ足りないし(−−;

◆お気に入り度

 ★★★★

◆日記とか雑談とか

 さて、実はちょいと前に口角炎が出来たのですが、
 それがいつまで経っても治りません(−A−)
 幸いお口を開け閉めしてもそこまで痛くは無いのですが
 気になって仕方ないのです。
 え〜っと、確かビタミンB2が良いのでしたっけ?
 よし!今日の夕食は豚肉とニンニクの芽炒めに決定!

 と言う訳で今週中に打ち合わせが必要な方は
 スカイプか電話かメールでお願いしますm(__)m
 もしくは鼻が詰まってる人限定で(−−)ノ

◆この本を読んだ人はこんな本も読んでいます

 ・東京バンドワゴン/小路幸也
 ・真夜中のパン屋さん/大沼紀子
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:10 | 小説