煙突の上にハイヒール/小川一水

◆レビューとか感想とか

◆本の内容(Amazon.co.jpより引用)
背負って使用する、個人用ヘリコプター。ネコの首輪につけられるような、超軽量の車載カメラ。介護用のロボットも、ホームヘルパー用のロボットも、少し先の時代には当たり前になっているのかも。あなたなら、楽しい使い方を思いつけますか?テクノロジーと人間の調和を、優しくも理知的に紡ぎ上げた、注目の俊英による最新傑作集。

◆感想

 『妙なる技の乙女たち』で興味を持った小川一水さんの作品です。
 『妙なる技の乙女たち』の印象が強かったので
 一話目を読んで成人女性が頑張る系かと思いましたが、違いました。

 近未来SFっぽいところを除けばテーマに統一性はありません。
 ほっこりしたりしんみりしたりする短編が5つです。

 せっかくですから、たまには一話ずつ触れていきましょうかね。

 1.煙突の上にハイヒール
  女性がタケコプターを買うお話です。
  コミカルで元気が出る系。
  そこまで秘密にする趣味でも無いと思うけどなー。

 2.カムキャット・アドベンチャー
  ネコにカメラをつけちゃった、なお話です。
  あちゃー(ノ∀`)ほのぼの系。
  魚沼さん、ギャップ萌え。

 3.イブのオープン・カフェ
  イブに出会ったのはロボット!なお話です。
  ほっこりしんみり系。
  これが一番好きカモ。余韻がたまらなく素敵です。

 4.おれたりのピュグマリオン
  情熱で作る。人間っぽいロボットを作る。なお話です。
  げんなり暴走系。
  ま、まぁ愛の形は人それぞれですよね。。

 5.白鳥熱の朝に
  おっさんと女子高生が同居しちゃいますなお話です。
  心に切なく響く系。
  だー(T_T)ヨシオの気持ちを考えると、だー(T_T)

 そんな感じです。
 コンパクトながらも綺麗にまとめられていて
 完成度はかなり高いのではないでしょうか。
 どのお話も余韻を残した終わり方で、読後感も良かったです。
 機会があったら他の著作も読んでみようと思います。

◆お気に入り度

 星4つ:★★★★

◆日記とか雑談とか

 さて、久しぶりに徹夜してしまいました。
 でもお陰でお仕事がひとつ完成〜\(≧▽≦)/

 今日のお仕事、おっわり〜♪ヾ(≧▽≦)ノ

 いやー、清々しい朝ですなぁ。
 ラジオ体操でもやりたくなります。やらないけど。

 微妙に眠いのですが、寝るのはもったいない気分です。
 取りあえず今日はのんびり読書でもしましょうかね。でへへ(*´ェ`*)
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 06:53 | 小説