ぶたぶたと秘密のアップルパイ/矢崎存美

◆レビューとか感想とか

◆本の内容(Amazon.co.jpより引用)
イラストレーター森泉風子は、不思議な会員制喫茶店への特別招待券を手に入れた。そこでは、誰にも話せない秘密をひとつ、店員に話さなくてはいけないというのだ。その店員というのが…見た目は可愛いぶたのぬいぐるみだが、中身は心優しき中年男・山崎ぶたぶただった。客たちはみな、ここで心の荷物を下ろし、新しい人生へと踏み出す勇気をもらってゆく―。

◆感想

 落ち着いた渋い声、手触りの良い肌、つぶらな瞳、料理上手で聞き上手、
 道を歩けば誰もが振り返り初対面では一挙手一投足に目が離せない、それが彼です。

 ぶたぶたです。

 動いて喋る豚のぬいぐるみです。

 おっと、ツッコむ必要はありませんよ。
 今あなたの頭に浮かんだ疑問やツッコミは
 すべて作中で登場人物が代弁しています。
 安心して手に取ってください。

 相変わらずこのシリーズはほっこりさせられますね(*´ェ`*)
 ぶたぶたさんが無駄に大人でダンディーなのも良いスパイスです。
 ハードボイルドなはずなのに思わずにんまりしてしまいます。

 荒んだ心も泣きたい気持ちもぶたぶたさんに任せれば大丈夫です。
 ついでにおぢさん好きとぬいぐるみ萌えもカバーしています。

 最近慌ただしい人、お疲れ気味の人はどーぞです。

◆お気に入り度

 星5つ:★★★★★

◆日記とか雑談とか

 さて、今日はちょっくら納品デーなので頑張り中です。

 まぁ物はできているので導入してテストして
 一服してテストして報告して終わりですけどね。

 テストは二回に分けるのがポイント(−−)b

 文章を書くときも時間をおいて推敲した方が良いと言うじゃないですか。
 あれと似たようなものです、多分。

 一回目のテストは今回作ったところをぺちぺちと。
 二回目のテストはそんなん関係無く気になるところをぺちぺちと。

 実は二回目のテストでバグが出たことってほとんどないのですが、
 止めた途端「やっときゃ良かった〜!」ってなりそうな気がしてですね。
 止めるに止められないのです。

 それでは今日もぺちぺち頑張ります(−−)ノ
スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:50 | 小説