ぶたぶたの食卓/矢崎存美

◆本の内容


綺麗なバラには棘がある。ピンクのぶたには口がある。ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーのぶたぶたシリーズです。今回のメインテーマは「食べ物」。



◆感想


 わざわざ宣言する必要が無いほど、
 ぶたぶたシリーズって食べ物ネタが多いですけどね。
 ぶたぶたが料理をしては周りが驚き、ぶたぶたが飲み食いしては周りが驚く。
 ある意味テンプレート化したやり取りは今回も健在です。

 あるときはお父さん、あるときは雇われ店長、
 またあるときは切ない失業者として頑張っちうブタのぬいぐるみ。
 今回も存分に癒されてください。

 個人的には設定やシチュエーションに対する驚きは減りましたが、
 その分ぶたぶたの人間性?にやられちゃってます。

 カッコイイ大人だぜ、ぶたぶたさんよぉ。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、4月は頑張ってわわわIT用語辞典のデータを増やしています。
 やる気満々です。

 ところがですね、これが地味にキツい(;´A`)

 取りあえず1000件を目標に頑張っているのですが、先は長そうです。
 平均すると1時間に5件くらいしか書けないの(つд`)

 1000件で200時間っすか(−−;

 まぁ調べる過程で自分の勉強になっているから良いのですけどね。
 ちょっと大きな誤算でした。
 始める前に考えとけって話ですね(ノ∀`)

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 11:09 | 小説