ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス/エリヤフ・ゴールドラット

◆本の内容


私の名前はアレックス・ロゴ。クールでナイスなビジネスマンさ。前作『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』で私は自分の工場を立て直した。本当は「ジョナ」ってじいさんのお陰なんだけどね。彼に教えてもらった「ある方法」でボトルネックを見つけて改善していったのさ。そして私は偉くなり部下を顎で使う立場になったのさ。HAHAHA。と言うのが前作までの私のサクセス・ストーリーなんだけどね。実は今作では更なるピンチに立たされちゃったわけよ。それが何と「グループ会社の売却」問題さ。おいおい、私が売れるのは媚と喧嘩だけだぜ、べいべー。えっ?マジで?マジで売っちゃうの?そんなんなったら私の仕事も無くなっちゃうじゃん!?みたいなお話です。



◆感想


 『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』の続編です。
 前作では生徒役だったアレックス、本作では先生役ですよ。

 前作は「ボトルネック」に焦点を当てた話だったのに対し、
 本作はちょっとだけ応用編でした。

 「困ったことからその原因を見つけて解決案をひねり出す」工程における
 思考プロセスの当てはめ方です。

 要は「どんなアプローチで考えると問題の原因が見えてくるよー」
 「どんな発想を意識すると解決案が閃くかもねー」ってのが
 物語形式で解説されていました。

 個人的には前作より好みです。と言うか実践しやすいように感じました。
 本書に載っている内容すべてをいっぺんにやるのは無理でも
 「雲(Cloud)」くらいはすぐに取り組めそうです。

 論理的思考の話なので右脳派(直感派)な人は読みにくいかもしれませんが、
 順序立てた考え方(思考法)を学ぶ上では良い本だと思います。

 「すぐテンパっちゃう」「何が問題だか分からない」が多い人は
 チャレンジしてみては如何でしょう?

 できれば前作から読んだ方は理解は深まるはずですが、
 本書だけでも何らかの手ごたえは得られると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★

◆日記とか雑談とか


 さて、ここ数日でやりたいことが増えてきました。
 あれもやりたーい♪これもやりたーい♪

 どーしよ?どれからやろう?
 う〜ん、迷うなぁ。

 そう考えていて気付いたのですが、
 迷ってる間になんでも良いから始めた方が手っ取り早いですね。

 どーせ最終的には全部やる気なんだから。

 と言う訳でさっさと何か始めることにします。

 まずは……「わわわIT用語辞典」をPing送信できるようにしようかな。
 Ping送信ってのは「記事書いたよ〜見に来てね〜」って信号を方々に送ることです。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:43 | ビジネス書