ソーシャルメディアで伝わる文章術/前田めぐる

◆本の内容


ソーシャルメディアはですね。論文や報告書とは違うのです。正しい文章を書くことが大事ではないのです。皆に愛される、親しまれる文章を書きましょう。ん?「じゃあどんなことに気を付けて書けば良いのか?」ですか?それはですね。かくかくしかじかこーゆーことです。あっ、ついでなんで申し上げておきますと、文章だけではなくてココとアソコとアッチにも気を付けると更に「いいね!」ですよ。みたいな内容です。
「文章術」よりは「ソーシャルメディア」に重点が置かれています。主題は「多くの人に共感してもらえる文章の書き方」ですかね。文章の書き方にとどまらずコメントやシェアなど、ソーシャルメディア上での「振る舞い方」について多くのアドバイスが載っています。



◆感想


 
 個人的には内容の部分部分は「ふむふむ」と感じましたが、
 目指す方向性はあまり共感できませんでした。

 多くの「いいね!」を得ることが目的なの?

 私はどちらかと言うと「SNS疲れ」しやすいタイプなので
 余計にそう感じるのかもしれませんけどね。
 あまり共感されても楽しさより義務感が大きくなっちゃうのです。

 とは言え、客観的に見て良い本だとは思います。

 ソーシャルメディアでスマートに振舞いたい人、人気者になりたい人、
 ソーシャルメディアに力を入れたい人は読んで損は無いかと。

 ソーシャルメディアの普及により「一億総芸能人時代」に突入していると思います。
 「有名税」を払っている一般人も増えているでしょう。

 そんな中、新人芸能人のレッスン本としては良い本だと思いますよ。
 SNSに前向きな人は読んでみてください。

 ちなみにこの本で言う「ソーシャルメディア」はFacebookやTwitterのことです。
 ブログや口コミサイトなんかは含まないのでご注意ください。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日はちょいと煮詰まっていたので、プールに「浮かびに」行ってきました。
 マグロのようにビューン!と泳ぐ感じではなくて、クラゲのようにフワフワと。
 お陰でなんか身体を動かした気分になってスッキリです♪

 よーし!今週も頑張るぞー\(−−)/

 って、あと半日で今週終わるけどね。

スポンサーリンク

タグ:前田めぐる
posted by ササキマコト at 10:58 | ビジネス書