EDS緊急推理解決院/新世紀「謎」倶楽部

◆本の内容


時は20XX年。世界は核の炎に包まれた……わけではないですが、凶悪犯罪が多発し、警察だけでは対処できなくなった世界のお話です。東京都知事の田沼は犯罪撲滅運動の一環として「EDS 緊急推理解決院」を開設しました。このEDSには「歴史推理科」「女性推理科」「不可能推理科」などの専門機関が設置されて多数のホームズとワトソンが勤めています。まぁ要は謎を解く病院ですね。本作は、このEDSを舞台にそれぞれの科の日常+αが書かれた合作長編です。石持朝海さん、加賀美雅之さん、黒田研二さん、小森健太郎さん、高田崇史さん、柄刀一さん、鳥飼否宇さん、二階堂黎人さん、松尾由美さんの9人が参加されていますよ。



◆感想


 試みは面白いと思います。
 1人の作家さんが1つの科を担当して書いているので
 構成もおかしなことにはなっていないですし、
 それらのお話が細切れになって混ざり合っているので
 合作っぽい雰囲気もしっかり出ていました。

 ただ場面転換が多いのが個人的にはノリ切れなかったかな……と。

 ごった煮風の雰囲気を出すために仕方がないとは思いますが
 「ふむふむ、それで?」と思ったところで他の科の話に移動。
 他の科の話が盛り上がって「ふむふむ、それで?」と思ったらさっきの科に戻る。
 複数の本を同時並行で読んでいる気分でした。

 私は小説に関しては浮気しないで一気読み派なので、ちょっとノリにくかったです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、3日やって(ほぼ)止めたFacebookですが、結構な頻度でメールを送ってきます。
 いわゆる「○○さんをご存知ですか?」って奴です。

 実は今、この仕組みが非常に気になっています。

 と言いますのも、先日届いた「○○さんをご存知ですか?」メール。
 確かに知っている相手だったのです。

 でもFacebook上でその方との接点は無いはず。。

 共通の知人をお友達登録しているわけでも無いですし、
 私がFacebookに登録したメアドは捨てアド……とまでは言いませんが、
 広告メールを考慮してサブアドレス(携帯に転送していないアドレス)です。
 名刺に載せているアドレスと違うどころか、
 友人・知人には教えていない類のアドレスなのです。

 ど、どーやって紐付けたの?(−−;

 うわー、Facebook気持ちわるっ!(−A−)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:43 | 小説