リロ・グラ・シスタ―the little glass sister/詠坂雄二

◆本の内容


私は探偵。ハードボイルドな方のな。舞台は学校。そう、学園ミステリって奴さ。ここ吏塚高校を舞台にした私の活動記録を少しだけ紹介しよう。まずはそうだな。我が校の生徒が空へダイブした話をしようか。彼は自殺と呼ぶには不自然で、他殺と呼ぶには不可解な状況にあったのだ。
みたいな内容です。
事件だか事故だか分からんことが起こって厨二病な学生探偵が捜査に乗り出すお話でした。



◆感想


 これはあれですな。
 9割が厨二病患者の黒歴史で、残り1割がミステリですな。

 探偵がキメればキメるほど滑稽さは際立ち、
 読んでるこっちが恥ずかしくなっちまいましたよ。

 なんと言っても本作の一番の読みどころは探偵さんの自己陶酔っぷりでしょう。

 ふっ(−−)☆

 って感じなんですよ。
 もしくは

 ふっ(−3−)y−〜

 って感じ。
 物語の9割は探偵のキャラアピールシーンに使われています。

 そして残り一割。
 オチは途中で気づいちゃいましたが、趣向は面白かったです。
 途中で「退屈な展開だなー」と思ってごめんなさい。
 しっかり罠にかかっていましたよ。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★

◆日記とか雑談とか


 さて、たまにどうでも良いことが無性に気になります。
 昨夜も眠りに落ちようとしたところで変なことが気になってしまいました。

 昨夜気になったこと、それはですね。

 「マイムマイム」と「オクラホマミキサー」って別物だっけ(−−?

 あぁ、心の底からどうでも良い。
 でもなんか気になる。

 結局ベッドから出て調べてしまいましたよ。

 なるほど。
 オクラホマミキサーはアメリカ民謡でマイムマイムはイスラエルの楽曲ですか。

 オクラホマミキサーは七面鳥が逃げていくお話ですね。
 「わらの中の七面鳥」で検索すると日本語訳?の歌詞が出てきます。
 ほら、隠れたところはわらの中〜♪

 一方マイムマイムは開拓地で水を掘り当ててヤッホー!な歌なのだそうな。
 マイムマイムマイムマイム♪
 マイム、ベッサッソン♪

 今回改めて聞き比べて思ったのですが……全然別の曲ですね(^^ゞ
 なんで混同しちゃったんだろう。
 人間の記憶ってのは曖昧だなぁ。

スポンサーリンク

タグ:詠坂雄二
posted by ササキマコト at 08:56 | 小説