「売れる販売員」と「ダメ販売員」の習慣/内藤加奈子

◆本の内容


比較系のビジネス書でした。シチュエーション毎の「売れる販売員さんの動き方」「ダメ販売員さんの動き方」を列挙して、解説する構成です。シチュエーションは販売の現場が多かったです。アパレルの店員さんとかそっち系の販売員さんをイメージすると良いと思います。



◆感想


 実は私、販売の経験ってないのですよ。
 そのせいか書いてあることすべてが「ナルホドね」でした。
 買う立場から見ても共感できる部分が多かったです。

 実際のところは分かりませんが、非常に基本で王道な内容だと感じました。
 そのため自分なりのやり方を確立できている人には必要ないと思います。
 逆にスランプ気味の人は読んでみては如何でしょう。

 スポーツ選手もスランプになったら基本に立ち返るじゃないですか。
 そのような効果が期待できる内容です。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★

◆日記とか雑談とか


 さて、某所で見るまで知らなかったのですが、
 小説家の今邑彩さんが亡くなっていたのですね。

 彼女の作品は結構読んでいたのでビックリでした。
 地味に好きな作家さんだったんだけどなぁ。

 心からお悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク

タグ:内藤加奈子
posted by ササキマコト at 11:35 | ビジネス書