クビでも年収1億円 コミック版/小玉歩

◆本の内容


なんか会社辞めて副業でウハウハな人のサクセスストーリー。



◆感想


 感想を一言で言えば「うさんくさい」でしょうか。
 二言で言えば「だからどーした。くだらねー」です。

 著者の方が会社を辞めて副業でウハウハになりました。
 ってのがそのままマンガになっているだけです。
 参考にできるところはありませんでした。

 イメージとしてはそうですね。

 株で儲けて億万長者になった人の書いた本を読んだら
 「株で儲けました。安い値段で買って高い値段で売れば良いのです」と
 書いてあった感じですかね。
 あるいは進研○ミの勧誘漫画を読んだときと似た気分です。

 別に著者の方の生き方やスタイルに嫌悪感があるわけではありませんが、
 単純に実のある内容に思えなかったという意味で
 時間を無駄にしたと感じた一冊でした。

 まぁ本命のノウハウ書いちゃったら自分が食えなくなりますからね。
 内容は推して知るべしでしょう。


◆お気に入り度


 星1つ:★


◆日記とか雑談とか


 さて、ほぼ丸二日ぶっ通しでやったのでゲームはひと段落です。
 今はゲームをちょこちょこ触りつつも、別のことをしています。

 「別のこと」はPCを使ってやっているのですが、
 これがまた、落ち着いて作業に集中できなくてですね。
 前の環境に戻そうかと迷っているのです。

 なんで落ち着かないのか?

 画面が大きすぎて落ち着かない(==;

 数日前のプチ模様替えで外部モニタに接続した我が家のノートPC、
 画面サイズが13.3インチから19インチに早変わりです。

 一言で言えば圧迫感があるのですよ。
 動画を見たりする分には迫力があって良いのですが、
 プログラムコードが迫力を持っても良いことありません。
 なんか微妙にげんなりしちゃうだけです。

 と言う訳で戻そっかなー、どーしよっかなーと迷っているのです。

 戻そっかなー、どーしよっかなー。

スポンサーリンク

タグ:小玉歩
posted by ササキマコト at 12:00 | 個人的にいまいち