俺のコンビニ/峰月皓

◆本の内容


コンビニの店長候補だった良平はその夢が突然断たれ、失意のうちに帰京する。落ち込む日々。しかしあるとき気が付いた。コンビニ店長のポストが無い。無いなら作ればいい。よっしゃ!いっちょやったるか!そう考えた良平は早速コンビニを起ち上げるために動き出すが……。まぁそう順調にはいかないですよね。頼りにならない本部。出店してくる競合他社。泣き叫ぶバイト。割れるガラス。爽やか青春お仕事小説です。



◆感想


 まさかコンビニにこんなドラマが隠されていたとは。
 コンビニを「作る側」の目線から書かれたお仕事青春小説です。
 『営業零課接待班』とちょっと印象が被りました。

 基本的に登場人物が良い人ばかりなのも雰囲気づくりに一役買っていると思います。
 個人的には悪戦苦闘する主人公よりも女子高生コンビにやられました。
 うぅ、頑張れ〜でも無理はするな〜と応援したくなります。

 全体的に安心して読める一冊でしたよ。
 続編も出ているようなので読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨晩のことですが驚愕の事実に気づいてしまいました。
 JALってあるじゃないですか、飛行機の。
 あれをですね。一音一音区切ると……

 髭男爵のひぐち君J・A・L

 あれ?見えない?

スポンサーリンク

タグ:峰月皓
posted by ササキマコト at 11:13 | 小説