守護天使/上村佑

◆本の内容


須賀啓一、50代男性、妻と二人の子供あり。ある日の通勤電車、彼の初恋が始まった。
電車の中で女子高生に一目ぼれした主人公は、彼女に危険が迫っていることを知り、しぶしぶながらも手伝う仲間と共に彼女の危機を救おうとします。
あらすじ「だけ」見るととてもシリアスなお話ですよ。



◆感想


 えっと〜

 とっても純情な恋愛話で〜

 ハリウッド顔向けなアクションがあって〜

 犯人は誰だ?的な高度な頭脳戦もあって〜

 大爆笑しました。あれ?

 うっとりラブストーリーを期待すると大きく裏切られます。
 爆笑ラブストーリーを期待して手に取ると幸せになれます。
 悲哀に満ちた50男の一世一代の大バクチをお楽しみください。

 主人公はいたって真面目、ストーリー展開もかなりシリアス、
 でも何故か笑いが止まらない一冊でした。

 おっさん連中が読むときは気を付けてくださいね。
 とても哀しくなるか勇気を貰えるかのどちらかです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★

◆日記とか雑談とか


 さて、唐突に始まって突然終わる日常の疑問シリーズ、今回のお題は

 何故トイレットペーパーはロールなのにティッシュペーパーは違うのか?

 です。

 トイレットペーパーがロールなのは何となく分かるんですよね。
 人によって必要量が違うから自分で使用量を調整できるようにするためでしょう。

 分からないのはティッシュペーパーの方です。
 トイレットペーパーみたいにロールにした方が便利じゃない(−−?

 う〜ん……(−公−;
 紛らわしいからかな?

 ティッシュペーパーは確かトイレに流しちゃ駄目なんですよね?
 トイレットペーパーは水に触れるとすぐ粉々になりますが、
 ティッシュペーパーは頑張って形を維持したはずです。

 両方ともロールにしちゃったら、見分けがつきにくいですからね。
 万が一にも失敗が許されないトイレットペーパーの方が、
 使用量、つまりは責任を使用者に委ねているのでしょう。

 自分的には少しだけ納得がいきました。
 よし、これで行きましょう。

 Q.
 何故トイレットペーパーはロールなのにティッシュペーパーは違うのか?

 A.
 トイレットペーパーとティッシュペーパーの個性確保のため。

 スッキリ?\(−−)/

 ちなみにこれっぽっちも調べていないので、まったく根拠はありません。

スポンサーリンク

タグ:上村佑
posted by ササキマコト at 10:08 | 小説