フェイスブック ---子どもじみた王国/キャサリン・ロッシ

◆本の内容


フェイスブック元社員が明かす舞台裏。フェイスブックにてカスタマーサポート部門→フェイスブックの多言語化?→ザッカーバーグさんのメール代筆?の道を歩んだ元社員が当時を振り返りつつ、フェイスブックがどんな会社かを赤裸々に語っています。



◆感想


 帯の「私たちは本当に”ソーシャル”を必要としているのだろうか?」に
 惹かれて手に取ったのですが、期待していた内容と全然違いました。

 もうちょっとこう……ソーシャルの在り方とか、
 そっち系の内容を期待したのですけどね。
 中身は、好意的に見ればやんわりとした内部告発、
 否定的に見ればただの日記でした。
 うん、Facebookでやれ。

 翻訳が悪くなかったのと定価で買ったので最後まで読みましたが、
 気分転換以上にはならなかったです。

 フェイスブックという会社の雰囲気を感じたい、
 もしくは娯楽として読む分には良いと思いますが、
 何か学びや気付きを得ようとして手に取る本では無いと思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、唐突に始まって突然終わる日常の疑問シリーズ、今回のお題は

 何故銀行の一番偉い人は「社長」ではなく「頭取」なのか?

 です。
 「社長」としている銀行もあるようですが
 多くの銀行では「頭取」ですよね?なんで(−−?

 う〜ん(−公−;

 権力争いが激しいから?
 「頭、取ったるぜ〜!」的な熾烈な争いの末に
 手にすることができる栄冠だからでしょうか。

 うん、全然違う気がするけど面倒臭いからいーや。
 これで行きましょう。

 Q.
 何故銀行の一番偉い人は「社長」ではなく「頭取」なのか?

 A.
 数多の屍の上に立つ役職だから。

 スッキリ?\(−−)/

 ちなみにこれっぽっちも調べていないので、まったく根拠はありません。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 07:18 | 個人的にいまいち