少女Aの殺人/今邑彩

◆本の内容


某ラジオの深夜放送宛に届いた手紙は養父からの性的虐待、そして殺意をほのめかすものだった。差出人の名前は「F女学院の少女A」。その数日後、少女Aの手によるものと思われる事件が発生する。一体少女Aは誰なのか。みたいなお話です。



◆感想


 面白かったことは面白かったのですけどね。
 肝になりそうな部分がちょこちょこ明らかになってしまうので、
 どこがクライマックスで盛り上がりどころなのかイマイチ分かりませんでした。

 ただ、それでも最後まで飽きさせない筆力はさすがだと思います。
 たらたらした展開だった割には、中だるみしないで面白く読めました。

 それにしても、ここまで最初と最後で印象が変わる主人公も珍しいなぁ。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、唐突に始まって突然終わる日常の疑問シリーズ、今回のお題は

 何故「まずはビール」なのか?

 です。
 ビールが美味しい季節になってきましたね。
 若い世代の方はそうでもないようですが、
 一定以上の年齢層にはまだ有効なはずです。
 まずはビール。

 これはなんでなんでしょうね?

 う〜ん(−公−;

 全然関係無いのですけどね。
 世代的なものがあるとは思うのですが、
 「ビールをぐびぐび」がキーワードになると
 某エバーのミサトさんを思い出します。
 あの飲みっぷりは才能だと思うんだ、ウン。

 ミサトさんいーですよねー。
 近所のおねーさんっぽくて。

 いつの間にか年下になってたけどなっ_| ̄|○

 うん、絶対違うけどいーや。
 これで行きましょう。

 Q.
 何故「まずはビール」なのか?

 A.
 ミサトさんをリスペクトした結果。

 スッキリ?\(−−)/

 ちなみにこれっぽっちも調べていないので、まったく根拠はありません。

スポンサーリンク

タグ:今邑彩
posted by ササキマコト at 08:09 | 小説