なにかのご縁―ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る/野崎まど

◆本の内容


それは何かの縁だった。主人公ゆかりくんはひょんなきっかけで縁結びのうさぎさんと出会います。『縁』にまつわるトラブルを一人と一匹を解決(?)していく、ほっこり系の物語です。



◆感想


 野崎まどさんの新境地、前作までとは一転してミステリーでもダークでもありません。
 くすりと笑えて心がほっこりするお話です。
 引き出しが多いのか成長が早いのか、予想していた雰囲気とは大分違いました。
 前作までの印象に引きずられない方が楽しめると思います。

 個人的には話の本筋よりもちょっとした言い回しや言葉遣いに
 楽しませていただきました。ツッコミ所が多過ぎです。

 前作までの印象が強いので、ちょっと素直で大人しい印象は受けましたが、
 面白いと感じる一冊でした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ふと気づいたら3連休のど真ん中でした。
 皆さん、休日を満喫しているでしょうか?

 私は毎日が日曜日なので3連休でもあまり関係無い……と見せかけて、
 休日は意外とお仕事関係を頑張っているので今日も本気モードです。

 この連休中の頑張りがあってこそ連休明け、普通の人たちが
 「あ〜、休み終わっちゃったよ〜(つд`)」と涙目になっているときに
 「さ〜て、グータラしよっかな〜 ̄3)〜♪」とできますからね。
 この3連休は踏ん張りどころです。
 暑さに負けずにアイス片手に頑張りまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:野崎まど
posted by ササキマコト at 09:08 | 小説