マンガでやさしくわかるNLP/山崎啓支

◆本の内容


人気コーヒーチェーン店の店長に抜擢されたおねーさんが人間関係や売上などのよくある問題に直面して、それをNLPを使って克服していくお話です。マンガでストーリーを追いつつ、解説で理解を深められる構成でした。



◆感想


 「マンガで理解する」とはちょっと違いました。
 マンガでストーリーや導入部分を眺め、メインは文章による解説です。
 進○ゼミの成績が上がるマンガを読んだあとに実際に勉強するイメージですかね。
 マンガ部分で息抜きしつつ解説部分でしっかり理解しましょうな構成です。
 「NLP」自体の是非は分かりませんが、入門書としては良いと思います。

 ちなみに「NLP」ってのは自己啓発技法の一種だそうです。
 日本語にすると「神経言語プログラミング」だそうな。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、唐突に始まって突然終わる日常の疑問シリーズ、今回のお題は

 何故メロンパンにメロンは入っていないのか?

 です。
 昨日数年ぶりにメロンパンを食べました。
 美味しかったです。
 でもメロンは入っていませんでした。なんでなのでしょうね?

 う〜ん(−公−;

 精進料理だから?

 ほら、精進料理だと豆腐をお肉っぽくしたりするじゃないですか。
 あれの一種なんじゃないでしょうか。
 「メロン入ってねーけど、メロンって言えば皆買うんじゃね?」みたいな勢いで
 「メロンパン」になったのではないでしょうか。

 うん、絶対違うけどこれで行きましょう。

 Q.
 何故メロンパンにメロンは入っていないのか?

 A.
 言ったもん勝ちだから。

 スッキリ?\(−−)/

 ちなみにこれっぽっちも調べていないので、まったく根拠はありません。

スポンサーリンク

タグ:山崎啓支
posted by ササキマコト at 10:35 | ビジネス書