UNKNOWN/古処誠二

◆本の内容


盗聴器が仕掛けられました。どこに?答えは自衛隊の基地、しかも隊長室の電話の中です。おいおい、よりによってそんなところかよ。国防の拠点でしょ?出入りとかすっげー厳しいんじゃないの?うん、すっげー厳しいよ。でも仕掛けられたんだよ!一体誰が?どうやって?そんなお話です。ミステリーとしての面白さに留まらず、自衛隊の在り方にまで踏み込んだ物語でした。



◆感想


 ぶっちゃけミステリーとしては退屈でした。
 と言うか、どこで盛り上がれば良いのかいまいち分かりませんでした。
 気付くとオチまでさらさらっと流れちゃった感じです。

 ただそれが気にならないくらい、力のある作品です。

 言葉の選び方や文章の運び方など、
 「この方は作家として実力のある方なんだろうなぁ」と感じました。
 作家さん(人間)自体には興味の無い私にしては珍しいことです。

 派手さは無いですが「いぶし銀」的な面白さを感じた一冊でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日一緒に食事をした人から聞いたのですが、
 NECさんもスマホ事業から撤退するの(−−?
 NTTドコモさんの「ツートップ戦略」も影響あるとか無いとか。

 よし、これを機会にガラケーを頑張ってもらおう。

 ってのは流石に無理なのでしょうね
 ガラケーもこの先どうなることやら(´・ω・`)
 一社でも良いから、ガラケーを頑張ってくれないかなぁ。

 通話とメール、歩数計くらいしか使っていないので
 わざわざスマホにするのは抵抗があるのです。

 もういっその事、らくらくフォンみたいなのにしようかな(−。−)ぼそっ

スポンサーリンク

タグ:古処誠二
posted by ササキマコト at 11:49 | 小説