モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵/西澤保彦

◆本の内容


私立女子校を舞台にした複雑な人間関係、都市伝説、そして連続死。それに巻き込まれたプチ記憶喪失の新任英語講師・住吉ミツヲ。その周りを固めるはパワフルな女傑たち。今、カレの記憶の扉が開かれる。なお話です。



◆感想


 「あれ?腕貫探偵出てこねーじゃん」と思ったらそういう趣向ですか。
 腕貫探偵シリーズを読んでおいた方が楽しめるとは思いますが、
 腕貫探偵シリーズのイメージで読むとガッカリすると思います。
 ちょっと趣向が違います。

 ストーリー自体はベタと言えばベタですが、
 登場人物がどのキャラも魅力的でした。
 「女ってすげ〜なぁ」とお口あんぐりで読んでいたら、
 パパの登場で「男もすげ〜なぁ」とやっぱりお口あんぐり(^◇^;
 あと本筋とは関係無いですが、標葉いつかさんには
 是非幸せになっていただきたいと思います(つд`)

 あ、そうそう。最後まで読んでからタイトルを見返すと納得できます。
 なるほど、だから「モラトリアム」で「シアター」なのね。
 これ以上はネタバレになるので書けません。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今年はセミが鳴かないな〜と思っていたら
 遅れを取り戻すようにミンミン鳴きだしました。
 既に天寿を全うしてお空に帰った奴等も見かけます。
 いや〜、セミが鳴いていると「夏」って感じがしますね。

 そんな夏真っ盛りの中(−−)b

 今日はトンカツを食べに行ってきます。
 この暑い時にトンカツ?!と思うかもしれませんが、
 無性に梅おろしトンカツが食べたくなったのです。

 何気に夏バテ知らず(−−)v

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 11:27 | 小説