λに歯がない/森博嗣

◆本の内容


密室状態の研究所で4人の銃殺体が発見された。現場には「λに歯がない」と記されたカードが。そして死体からは歯がすべて抜かれていた。一体誰が?何のために?みたいなお話です。



◆感想


 惰性で読んでるGシリーズです。
 思い出補正のお陰で我慢できないほど酷くは感じませんが、
 この作品を一作だけ読んだら「つまらない」と感じたと思います。

 一つの作品の一部分だけをスポっと抜き出して
 そこに無理やり事件をくっつけて一冊の本にした印象を受けました。
 キャラに愛着があり、かつ今までの流れを掴んでいてこそ楽しめる作品だと思います。
 今までの流れを知らずにこの本を手に取ることはオススメしません。

 雰囲気を楽しむ小説と割り切っちゃえば楽しめるとは思いますけどね。
 個人的には、もうシリーズの最終巻だけ読めば良いかなーと考え始めています。


◆お気に入り度


 星1つ:★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんかSeessaさんの緊急メンテとやらでブログを更新できませんでした。

 ■ 障害内容
 時間:2013年08月07日03:40 〜
 対象:Seesaaブログ
 現象:マイブログにログインできない状態、ブログが表示されない・表示されづらい状態
 原因:サーバー障害
 ※9時50分現在、マイブログへのログインが可能となり、また、
 ブログが表示される状態となっておりますが、引き続き上記障害の対応を行なっております。

 だそーな。
 6日の夕方くらいから既に繋がり悪かったですけどね。

 今日はちょっくら寝坊できない用事があったのでキリっと4時半に起きて、
 6時過ぎくらいにブログを更新しようとしたのですが、
 緊急メンテ中で敗北感を味わいました。
 ブログの更新作業の時間も考慮して早起きしたのにしょんぼりです。

 へこー(−A−)

 って、もしかしてまだ完全には復活してないのかな(−−?
 Seesaaの中の人、お疲れ様でございますm(__;)m

スポンサーリンク

タグ:森博嗣
posted by ササキマコト at 14:11 | 小説