ナナフシの恋~Mimetic Girl~/黒田研二

◆本の内容


飛び降り自殺を図り、意識不明の重体であるはずのクラスメイトからメールが来た。内容は「明日の昼1時、私たちの新しい教室で待ってます」。時間通りに教室に向かった私は、自分以外に5人のクラスメイトが集まったことを知る。私達を集めたのは誰なのか?そしてその目的は何なのか?推理と呼ぶには拙い、妄想と呼ぶには笑えない、そんな話し合いが今、始まる。みたいなお話です。



◆感想


 う〜ん(−−ゞ
 ちょっと石持浅海さんの作品っぽい……かな。
 あるいは辻村深月さんの『冷たい校舎の時は止まる』っぽい印象を受けました。

 全体的に好きなテイストだったのですが……オチに馴染めず。
 意外性はあったけど、これはバカミス一歩手前ではなかろうか?
 無理やり爽やかに締めようとした感じも個人的には微妙でした。

 どちらの方向に走りたかったのかよく分からなかった一冊です。
 総じて中途半端に感じました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は「本気でアレコレするデー」に設定しました(−−)☆
 その名の通り、本気になってアレやコレやを行う日です。
 全精力を傾けてアレやコレやをするために……

 今日はエアコンを解禁\(−−)/

 あぁ、我が家でこんな涼しい状況が味わえるとは(*´ェ`*)

 あまりの気持ち良さに、なんかもう、アレもコレもどーでも良い気分です(*;´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:黒田研二
posted by ササキマコト at 11:47 | 小説