被取締役新入社員/安藤祐介

◆本の内容


月給20万円、年棒3000万円、就業規則には「必ず週三回以上の遅刻をすること」「必ず定時に帰ること」「綺麗な身なりをしてはいけません」等の文字が。仕事は皆のストレスの捌け口となること。そんな特命を受けたダメ人間の主人公がその才能を如何なく発揮し……ていたはずが、徐々に風向きが変わることに、みたいなお話です。



◆感想


 想像していた以上にギリギリのラインを攻めていました。
 一歩間違えたらとても不愉快になる内容を上手く昇華していたと思います。

 言ってしまえばこの主人公、いじめられるのがお仕事ですからね。
 いかにいじめられる機会を作るか、どのようにして相手の怒りを煽るか、
 社会人として本来目指すべきところとは真逆の道を進まなくてはいけません。

 読んでる間中「どうやって着地させるんだろう?」と疑問でしたが、
 読み終わってスッキリ。
 意外性はありませんでしたが、綺麗にまとめたと思います。

 比較的安心して読めるお仕事青春小説でした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ふと気がついたら8月も半ばです。
 「あち〜なぁ」と思っていましたが、あっという間に秋になりますね。

 幸い、まだそれなりにクソ暑いので、アイスを食いだめしています。
 今はカキ氷シャリシャリ系がマイブームですが、
 もう少し涼しくなったらクリーム系に攻め処を変えて、
 9月に入ったら今年の夏を締めようと思います。

 そして12月になったらコタツアイスで復活ですね(−∀−)
 一年中アイスが売っているなんて素敵な世の中になったものです。

スポンサーリンク

タグ:安藤祐介
posted by ササキマコト at 09:11 | 小説