気分は名探偵―犯人当てアンソロジー/我孫子武丸、霧舎巧、貫井徳郎、法月綸太郎、有栖川有栖、麻耶雄嵩

◆本の内容


6人の有名作家さんの作品が載った、犯人当てアンソロジーです。有栖川有栖さんの「ガラスの檻の殺人」、貫井徳郎さんの「蝶番の問題」、麻耶雄嵩さんの「二つの凶器」、霧舎巧さんの「十五分間の出来事」、我孫子武丸さんの「漂流者」、法月綸太郎さんの「ヒュドラ第十の首」の6編が収録されています。



◆感想


 面白くなかったわけではないのですがちょっと変な感じ。
 と思ったら、某新聞で行われた、とあるイベント用の作品を集めたものなのですね。
 そーかそーか、縛りプレイな推理小説だったのか。
 どーりで読んでて違和感を覚えたわけだ。

 個人的には貫井徳郎さんの「蝶番の問題」と我孫子武丸さんの「漂流者」が好みでした。
 心理的な盲点を突いてきた感が「なるほどね〜」と納得しやすかったです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、実は私はガラケー使いです。
 これでも自営業者ですからね。
 外出先でも連絡が取れることは大事です。
 つまり電話機能とメール機能がメインで電池持ちが重要なので、
 スマホにするメリットがあまり無いのですよ。
 そのため「当分スマホはい〜や〜」と思っているのですが、
 一つだけ不便なことがあります。

 それは、液晶保護シートが手に入らないこと(TAT)

 大きな電器屋さんに行っても、もう売っていないのです。
 スマホ用か、あってもフリーサイズで自分で切り取れよな奴。
 フリーサイズは上手く切り取れないので却下です。
 1ハサミで1000円以上の商品が無に帰すというのは耐えられません。

 という訳で、いまだに機種変したときに購入した液晶保護シートを使っています。
 気泡が入るどころか、粘着力が衰えてたまにズリっとズレる一品です。
 そろそろ限界かなぁ(−−ゞ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:03 | 小説