ノエル: a story of stories/道尾秀介

◆本の内容


世の中に負けないために絵本作りを始めた少年少女のお話「光の箱」。妹の誕生に不安を覚えた少女のお話「暗がりの子供」。最愛の妻を亡くし孤独になった老教師のお話「物語の夕暮れ」。無関係ながら繋がっている3つの中編とエピローグで構成されています。優しい気持ちになれる物語です。



◆感想


 ドキっとしてホッとする作品でした。
 いや〜、心臓に悪いですね。
 読後感はほっこり、優しい気持ちになれるものの、
 穏やかな作品と言う訳ではありません。
 それなりに波瀾万丈?な末に結末が訪れる物語でした。

 個人的には「光の箱」がお気に入りです。
 男の子の方はどうでも良いけど、女のことの気持ちを考えると、あ〜う〜(T^T)
 幸せになってもらいたいですね、ハイ。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ふと気づいたら今週も3連休なのですね。
 こいつは盲点でした。

 と言うことはあれですね。

 もう週刊少年ジャンプが発売しているのですね。

 早速買いに行ってこようと思います。

 以前から気づいていたことではあるのですが、
 毎日が日曜日で営業日な生活になってしまうと、
 休日のありがたみってのは無くなりますね。
 今の生活にこれっぽっちも不満は無いですが、
 休日が嬉しく感じる工夫を何かしてみようと思います。

 平日は仕事以外で外に出ちゃ駄目ってルールはどうかな(−−?

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 11:11 | 小説