「時間がない」から、なんでもできる!/吉田穂波

◆本の内容


「時間が無い!」「忙しい!」そんな切羽詰った状況……だからこそできるのです!時間がないことをパワーに変える時間術。忙しいあなた、チャンスですよ。



◆感想


 ふむふむ、なるほど。
 本書の要点を私なりにまとめちゃうと

 1.並行作業を上手にやりなさい
 2.火事場の馬鹿力を活用しなさい

 ってなところでしょうかね。
 人間、追い込まれるととてつもないパワーを発揮できるものです。
 自分が潰れない程度にそのパワーを上手く活用しましょうと理解しました。

 客観的に見れば、時間がないよりあった方が何でもできます。
 でも時間があると、何故かダラダラしちゃうのですよね。
 その心理的ブレーキを外すのは時間がないときの方が向いています。
 忙しいときほど部屋のお掃除したくなりますしね。

 時間があるときはあるときなり、時間がないときはないときなりの
 時間の使い方があるのだと思います。

 じゃあ時間がないときはどう使えば良いのか?
 それが書いてあるのが本書です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっと真面目なビジネスコラムのサイトを見ていたら
 「出世する人の見極めポイント」のような記事がありました。
 アンケート形式で一部の回答を紹介しているようなのですが、
 それを読んで思わず笑ってしまったのです。

 一例を挙げますと、職場の人間関係について。
 「どのような人が出世するか?」の質問に対して
 「上司が間違ったことを言っても同意できる人」
 「上役に対するごますりと下への処世を心得ている人」のような回答が……。

 そうだけど!

 確かにそうなんだけどさ!

 それを言っちゃ身も蓋も無いでしょ!Σ( ̄◇ ̄;

 他の質問の回答には「内面から自然な自信がにじみ出ている人」や
 「計画を立てつつ臨機応変に動ける人」のように「ご立派」な意見が多かっただけに
 ギャップに笑ってしまいました。

 そうですよね。
 職場の人間関係なんて気に入られたもの勝ちですよね(ノ∀`)

スポンサーリンク

タグ:吉田穂波
posted by ササキマコト at 07:52 | ビジネス書